• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界一の「豪雪国」、日本の現実

防災科学技術研究所雪氷防災研究センター(1)

2013年3月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界一の豪雪の国、日本。「平成18年豪雪」をはじめ、21世紀に入ってから、その前の10年ほどと比べてまた雪が多くなっているという。平成23年も平成24年もしかり。豪雪が防災上も見逃せない問題として浮上してきたいま、雪氷防災のプロである佐藤威先生の研究室に行ってみた!

(文=川端裕人/写真=藤谷清美)

 雪と聞くとなんともいえない郷愁を抱いたり、別方面、たとえば「ホワイトクリスマス」的なロマンティックな思いに駆られたり、様々な感情の動きが生じるように思う。「雪」がもっているイメージ喚起力というのは非常に大きいのではないだろうか。

 たとえば、流行歌。12月に街を歩けば山下達郎の「クリスマス・イブ」がかならずどこからかきこえてくるし、仲間とカラオケに行けば、きっと誰かがレミオロメンの「粉雪」を歌い出す。これらは、ロマンティック要素が濃いケース。別のカラオケ的定番、Glayの「Winter, again」は、ロマンティックと郷愁のミックスチャー。さらにいえば「津軽海峡冬景色」のような国民的名曲もあって、これは郷愁やうら寂しさ方面に針が振れている。長いこと曲を作り続けているアーティストなら1曲や2曲、雪をテーマにした曲があり、イロコイ沙汰の成り行きや、人生の喜び・哀しみを重ね合わせる背景に用いられる。なにせ、雪の降らない沖縄出身のグループでも「雪の曲」を作るくらいだ。「雪」に秘められた深い思い、あるいは雪という真っ白な素材に、ぼくたちが託す思いは本当に多様だ。

 しかし、これはあくまでイメージの世界。雪国本場のリアルな雪は、かなり違う。イメージを常に喚起しつつも、やはりとことんシビアな面があって、災害の要因として対処しなければならない。

 特に、21世紀に入ってからは、その前の10年くらいに比べ、ふたたび雪が多くなっているそうだ。「平成18年豪雪」のように気象庁が後に名前を付けるような「豪雪」、平成23年の豪雪のように、気象研究者がそれに準ずるものとして語る豪雪が起き、防災上も見逃せない問題として浮上している。新潟県長岡市にある独立行政法人・防災科学技術研究所雪氷防災研究センターを訪ねた。

 東京から上越新幹線に乗り、いくつもの長いトンネルを通った後、越後湯沢の直前で雪景色に変わった。これが実に唐突であった。前日までは雪が降っていたそうで新雪に近い雪を見ながら長岡駅に到着。

 駅前からの道は見事に除雪されているので、タクシーに乗っていて不安を感じることは一切ない。やがて、雪が深くなり、道路の両側に1メートル超の白い壁が現れた。除雪車がまさに雪を切り崩して路幅を確保しているようだ。さらに、そこから小高い丘に登り始めたあたりで、ちょっと圧倒されるものを感じた。雪氷防災研究センターとはいうが、まず、センター自体の防災のため、雪と戦うところから始めなければならないのでは? と感じるほど、雪深かった。しかし、そういう場所だからこそ、雪についての研究ができるのだろうから、格好の立地でもある。

コメント3件コメント/レビュー

北陸平野部に住んでいます。幸いここ十数年屋根に登って雪下ろししないで済んでいますが、ドアが開きにくくなったり、子供が触ってケガをしないようにツララが大きくならないうちに落とす。自転車やバイクは冬場は危なくて乗れない(だから車必須)など、決して他人事には思えません。今年の東京の降雪騒動も、所詮は自分自身に降りかかってこないとこの問題は理解できないんだな…と白けた思いでニュース報道を見ていました。(2013/03/04)

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「世界一の「豪雪国」、日本の現実」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

北陸平野部に住んでいます。幸いここ十数年屋根に登って雪下ろししないで済んでいますが、ドアが開きにくくなったり、子供が触ってケガをしないようにツララが大きくならないうちに落とす。自転車やバイクは冬場は危なくて乗れない(だから車必須)など、決して他人事には思えません。今年の東京の降雪騒動も、所詮は自分自身に降りかかってこないとこの問題は理解できないんだな…と白けた思いでニュース報道を見ていました。(2013/03/04)

雪国の事を考える度に、「若しも自分が住んでいたら?」と自問する。定年退職した今になると、自宅の屋根の雪下ろしをするのは自身では出来ないのではないかと思う。雪国では日本全体の「老齢化」以上に老齢化が進み、除雪のボランティア募集等のニュースも流れる。「買い物はどうするのだ?」、「自分で車を運転して買い物に行けるのか?」、「病気になったら、、」と心配事は尽きない。三陸の津波被害からの復興でも、「高台の土地が足りない」というが、その割に、建てられている住宅は2階建てが多い。5から10階建て程度の中層集合住宅にすれば、屋根の雪下ろしは不要だし、道路の除雪も密集度が高い分効率も良い筈だ。その様な住宅群毎にクリニック等も配されれば、健康管理も万全だ。集合住宅よりも個建てが好まれる理由は、間取りが狭い事や、「音」の問題が多い。それらの集合住宅の弱点は設計次第でどうにでも対応出来る事であり、雪国で快適な生活が出来る「モデル」を是非とも津波被害を受けた地域の復興に打ち立てて欲しいものだ。(2013/03/04)

天候なので、冬だからといって雪が降るとは誰も約束できない。しかし、降ったら確実に除雪が必要なので…ということで、自治体は除雪業者を秋から春まで半年ほど拘束しておきたい。●降ったら降ったで、寒いから降るわけで夜間の作業も多い。こうなると、受注した側は可能性に備えて労働者配備が必要となるが、多くの自治体では「除雪回数」が支払い条件になっている。●たまたま2年連続で豪雪だったが、その前は10年近く暖冬傾向という地域もあった。こうなると、業者は利益どころか赤字受注という地域が増加してしまい、少なからぬ企業が撤退してしまった。そのため、一昨年は除雪業者が存在しない自治体という記事が新聞に載ったほどだ。●震災でも顕在化しているが、土木系企業は労働者不足である。拘束した以上、除雪がゼロでも一定の利益を支払う制度にすぐさま変更しなければ、たとえ予算があっても除雪できないという事態が近未来に全国規模で波及することになる。(2013/03/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長