• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フライドチキンはKFCだけではない

食の安全でブランドを生み出す台湾企業

2013年3月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年からここ上海で「超級鶏車(Super Chicken)のフライドチキン食べてみた?」という会話が本当に多く聞かれるようになった。フライドチキンと言えばやはり中国でも「ケンタッキーフライドチキン」がその代表。「KFC」の看板はあちこちで見るし、中国全国では3000以上の店舗を構えているらしい。にもかかわらず、中国人の知人に「何が流行っているの」と聞くと、「食べ物だったら超級鶏車ですよ」と今でも、そういった返事が返ってくる。

超級鶏車の店頭。奥が食事をするスペース
超級鶏車の店頭。奥が食事をするスペース

 超級鶏車の店舗の多くは、対面販売の持ち帰りのみ。ただし、最近では食べる場所も用意したファストフード店の形態も多くなってきた。私がたまに訪れるのは、定西路と延安路という大きな道路が交わっていて、飲食店が多く建ち並んでいるエリアの中にある定西路店。定西路店には25席用意されていて、デリバリー注文も受け付けている。

味をうまくアピールする台湾企業

 メニューの一番人気である、ちょっと辛めの衣がついたフライドチキン「香辣大鶏排」が12元(約170円)。ほかにもフライドチキンのメニューとして、少し大ぶりなものやスパイシーなものなどがある。また、魚の唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物もたくさんある。セットメニューも充実している。セットは17元、18元、23元の3種類がメインで、セットにすると約10%ほど得をする。

 フライドチキンは注文を受けてから揚げるので、ホクホク、アツアツが食べられる。あまりにも熱いので、刺して食べるための串が添えられる。味はというと、個人にもよるだろうが、私はケンタッキーフライドチキンなどと比べてもジューシーで、全くひけをとらないと感じた。ドリンク類も充実しており、コーラや各種ミルクティーなどがそれぞれ5元(約70円)。最近はこの超級鶏車をまねたとも思えるフライドチキン店、「鶏車達人」や「鶏排超人」といった名前の店もあり、いわばフライドチキン(唐揚げ)がちょっとしたブームとなっている。

超級鶏車のメニュー。フライドチキンの種類は4種類。サイドメニューも多く、またセットメニューも充実している。
超級鶏車のメニュー。フライドチキンの種類は4種類。サイドメニューも多く、またセットメニューも充実している。

コメント2

「上海で見つけた このブランドが流行るワケ」のバックナンバー

一覧

「フライドチキンはKFCだけではない」の著者

内田 文雄

内田 文雄(うちだ・ふみお)

碧詩商務咨詢(上海)有限公司総経理

ワールド、ユニクロにてVMD業務に携わった後、2011年に独立。現在は上海に在住し、中国を中心に日本を含むアジア地域での新規ブランド立ち上げ、店舗デザイン/内装/VMDディレクションなどに取り組む。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官