• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

経理部長が裏切り! 社長の責任を痛感しました

【第2回】2年連続の赤字に、覚悟を決めて作った「経営計画書」

  • 日経トップリーダー編集部

バックナンバー

2013年3月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 <前回まで>

 創業者社長である伯父の急逝により、小松ばね工業の2代目社長となった小松節子氏。しかし、経営はもちろん、就業の経験もない。職場へ行っても仕事がない。暇つぶしで経営セミナーに参加しているうちに、故・一倉定氏のセミナーに出会った。そこで「社長が銀行印と実印を管理すべき」と教わる。社に戻った小松氏は、経理部長からそれを返してもらう。事故はその後に起こった。

 その経理部長は、1989年に交通事故で亡くなりました。そこで初めて発覚したことがあります。従業員には会社受け取りの生命保険を掛けているのですが、その受取人が、会社から本人へ書き替えられていたのです。

 「私を信用しないのか」とあれほど怒った人が、そういうことをしていた。不信感が湧き上がってきました。しかし、これも私が実印を持っていなかったために起きたことです。

経営の厳しさを痛感したという小松節子会長(写真:高橋久雄)

 以来、私以外の誰にも、実印も銀行印も押させていません。すべて私が捺印しています。

 少し遡りますが、私が社長になって2年ほどたった頃にセミナーで学んだ印象的なことに、「会社が潰れた場合、責任は社長ただ1人が負う」というものがありました。

 当たり前の事かもしれませんが、私は当時、経営はすべて役員に任せており、最大株主だからという理由だけで、ただ社長の椅子に座っていました。要するに、“いるだけ社長”だったのですが、これは大変なことになると目が覚めました。

私の中に覚悟が生まれました

 その頃、小松ばね工業は2年連続の赤字に陥っていました。このままでは、潰れてしまうかもしれない。そして、万が一そうなってしまったとき、すべての責任が私1人にのしかかってくるなら、経営を役員に任せてはおけない。できません、分かりませんと言っている場合ではないと気がつきました。思えばそのときに初めて、私の中に経営に専念する覚悟が生まれたのです。

 セミナー通いにも益々熱が入りました。

 一倉定先生は普段から、経営計画書は魔法の書であると口にしていました。会社のすべてを網羅する書だというわけです。ちょうど、経営計画書をつくるための合宿が開かれるところでした。もちろん、私には経営計画書を書いた経験がありません。なので、その合宿に参加することにしました。1986年9月に、10日間にわたり、韓国の済州島で開催されました。

コメント4件コメント/レビュー

さらっと書いておられますが、古株役員との確執は大変なことだったと思います。まして、彼らの方が現場・現業を知っており、ご自身には就業経験が無かったのですから。そうした中で社員の方々がついてこられたというのは、相当な努力と苦労をされたことと思います。先が楽しみです。(2013/03/08)

「素人・お嬢様社長が世界企業をつくるまで」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

さらっと書いておられますが、古株役員との確執は大変なことだったと思います。まして、彼らの方が現場・現業を知っており、ご自身には就業経験が無かったのですから。そうした中で社員の方々がついてこられたというのは、相当な努力と苦労をされたことと思います。先が楽しみです。(2013/03/08)

非常に面白いコラムでした。一つ気になるのは、小松さんの視点で描かれていますので、果たして本当の事実はどうだったのでしょうか・・・会社の責任は確かに社長が負うもので、その責任は限りなく大きいものではありますが、従業員の中にも同等の気持ちで働いている人もいます。保険の受取の件も、手続きの簡素化のために行っていたのかもしれませんし、線バネの件も、板バネを製造する設備の投資に踏み切れなかったり、独自技術をもった従業員を守りたいという思いからの反対かもしれません。方向性を打ち出した後、理解し、動くことができる従業員がいるということは、それまで「会社組織」を作り上げてきた役員たちの功績なのです。環境整備活動にたいする従業員への何かしらのペイはあったのでしょうか?私の会社の社長も小松さんと、同様のことを始めていますが、「会社組織」が出来ておらず、「会社が回らない」状況を作り出してしまっているために、一つ反論させていただきました。今後のコラムにも期待しています。(2013/03/08)

「私を信用しないのか」と怒鳴る人は後ろめたいことがあるから逆切れするわけで、それだけで信用に値しないと多少冷静な目で判断すればわかりそうなものですが、会社が潰れる前に発覚したのは全くの幸運で一歩間違えば地獄を見ていました。とはいえ、自分の意思で会社を立ち上げた方でなければ、資金繰りの苦労も知らず、こういうリスクは案外実感していないのではないでしょうか。(2013/03/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授