• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ユニクロはなぜ女性用ステテコを出すのか

好調だからターゲットを広げるとは限らない

2013年3月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 繊維・衣料品業界にいると、ユニクロの動向には常に注目せざるを得ない。ユニクロは3月11日、今春夏物として女性用ステテコの販売を開始した。用途はホームウェア、リラックスウェアとしており、「Relax & Comfort Pants/RELACO(リラコ)」と名付けている。サイズ展開はM、L、XL、XXLで約100色柄のバリエーションだという。販売価格は税込990円。このニュースを聞くと、「昨年夏まではメンズで盛り上がっていたステテコが今度はレディースにまで広がるのか」という印象を受ける。メンズが好調だからレディースや子供に広がっていくと思いがちだが、実際はそうではない。

3・11後の節電でステテコに脚光

 従来、ステテコは白無地でオジサンやお爺さんの肌着というイメージが強かった。これをカラー化し、グラフィカルな柄を入れてお洒落アイテムにしようと動いたのは中堅肌着メーカー、アズの「ステテコドットコム」が最初であろう。「ステテコドットコム」は2006年の開始で、3年くらいかけてジワジワと業界から注目を集めるようになってきた。一気に注目が集まったのは2011年夏である。東日本大震災による原子力発電所事故が起き、全国的に節電を余儀なくされた。節電に最も苦しめられたのは安定的な電力を必要とする工業分野であるが、各家庭も節約を強いられた。

 白無地だと肌着イメージが強いが、派手な色柄だとルームウェアやワンマイルウェアとしても活用できる。しかも通常のショートパンツ類よりも生地が薄くて涼しいとなれば、色柄ステテコに注目が集まるのは当然の成り行きだった。それまでマイナーアイテムに没落していたステテコが再び脚光を浴びたのだ。

 ステテコは本来、綿100%で表面にシボができる「クレープ生地」と呼ばれる織物で製作されている。緯糸に強烈な撚りをかけた糸を使用する。製織後の精錬という工程を経て表面に独特のシボが出る。通常、クレープや楊柳と呼ばれる。絹の場合は縮緬と呼ばれ、最近ではポリエステルの縮緬もある。このクレープ生地を製造する産地は滋賀県の湖西地方が有名で、業界では高島産地と呼ばれている。当然、ステテコドットコムに使用する生地も高島産地で製造されている。

滋賀県の高島産地で作られているステテコ

 クレープ素材は表面にシボがあるため、肌に貼りつくことが少なく、綿100%にもかかわらず涼感素材として長らく親しまれてきた。シボが蛇腹のような役割をすることからストレッチ性もある。とくに吸水速乾ポリエステルや合繊ストレッチ素材などが開発されていなかった時代にどれほど重宝されたかは容易に想像ができる。

 節電という要因から2011年夏にステテコというアイテムが注目を集めると、各肌着メーカーはこぞって参戦。色柄のステテコというアイテムはステテコドットコムだけの独占品ではなくなってしまった。そして、翌2012年夏にはついにユニクロがステテコ市場に参戦した。ユニクロは高島産地のクレープ生地を使用していない。高島産地の生地どころかクレープ生地さえ使用していない。単に薄い平織りの生地や薄手のジャージ生地などを使用していた。

コメント0

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「ユニクロはなぜ女性用ステテコを出すのか」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長