• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

サポーター情報で外れない天気予報

  • 日経情報ストラテジー

バックナンバー

2013年3月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北海道の大雪で住民に死者が出るなど自然の猛威はあなどれない。人々の頼りは、天気予報だが、それとて常に100%正確ということは難しい。2013年2月6日にも天気が関心を集めた。東京都心の天気は、大雪という気象庁の予報に反し、午前中のうちに小雪からみぞれへと変わった。交通機関の乱れなどの懸念高める大雪の予報が、実際と異なったことは、東京都知事が予報のブレの大きさを批判するなど、社会的に大きな関心事となった。

写真●ウェザーニューズの森田清輝取締役(右)と喜田勝WITHステーション コンテンツ運営本部 チームリーダー

 ところが気象情報の配信会社、ウェザーニューズは前日午後の早い段階で大雪の予報を雪に変更し、当日午前中には降雪のピークが過ぎたことを公表。実際の天気も予報や公表通りだった。なぜ大雪予報ハズレを回避できたのか。ウェザーニューズの森田清輝取締役(写真右)は「サポーターのみなさんと一緒に天気予報を作ってきたことが大きい」と明かす。

 サポーターとは、同社が提供するサービスを介して、天気に関する状況を報告してくれる利用者を指す。ウェザーニューズでは、その場で撮った写真を、コメントや肌寒さといった体感に関する情報と合わせて、スマートフォンや携帯電話などで会員に報告してもらう「ウェザーリポート」や、24時間ライブ放送の気象番組から視聴者に投票してもらう「ソラボタン」といった仕組みを整えている。特にウェザーリポートの会員数は全国で400万に達する。

 ウェザーニューズはサポーターの協力を得て、それらの仕組みから広く情報を収集。気象の専門データの分析結果と組み合わせて天気予報を作っている。森田取締役が注力してきたと言っているのは、サポーターからの情報を反映させて天気予報を日々作っているということだ。2005年ごろから続けてきた取り組みになる。

 2013年2月6日の午前中、関東地方で降雪ピークが過ぎたと公表したときには、「10分天気予報」という同社提供のサービスを通して集まった情報が役立った。このサービスは、今いる場所の天気を報告してくれたサポーターに、その場所における1時間先までの天気予報を提供するというものだ。

 10分天気予報を通して集まったデータを、関東地方の地図上にプロットして、リアルタイムに天気の変化を調査。すると、2月6日午前8時は、雪が降っている場所が多かったが、2時間後の10時になると雪に代わってみぞれのエリアが広がってきた。サポーターからのデータで降雪のピークを見極められたのだ。

 その日、10分天気予報を通して集めたデータは約6万3000件。一時は通常の報告件数の50倍になった。ほかのサービスを含めた総数は約20万件だった。「これほどまでに多くのデータが集まったのは、サポーターの心に、また大雪になるのではないか、という懸念が強まっていたからだろう」。予報担当の喜田勝WITHステーション コンテンツ運営本部 チームリーダー(写真上)は、2013年1月14日に関東地方で降った、交通機関が乱れるほどの大雪が、大きく影響したと推測する。

コメント0

「ITで拓く 経営イノベーション新手法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監