• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

巨額に上る首都高・東海道新幹線の老朽化対策

首都高では1兆円近い更新費の工面が課題に

  • 青野 昌行

バックナンバー

2013年3月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 高度経済成長期に建設されたインフラが、これから更新期を迎える。首都高速道路では更新・修繕費用を試算。それをどう工面するかが焦点となっている。一方、東海道新幹線では予定していた大規模改修を5年前倒しし、4月から開始する。

(前回の「老朽化対策の死角」から読む)

 老朽化する首都高速道路の大規模更新・修繕には7900億円以上が必要──。首都高速道路会社は1月15日、有識者らによる調査研究委員会(委員長:涌井史郎・東京都市大学教授)で、こんな試算結果を示した。

首都高速道路の大規模更新などに要する概算費用
概算費用は首都高速道路会社の試算。50億円単位の概数としている (資料:「首都高速道路構造物の大規模更新のあり方に関する調査研究委員会」)
首都高速道路で大規模更新が必要とされた区間
(資料:「首都高速道路構造物の大規模更新のあり方に関する調査研究委員会」)

 首都高は、高度経済成長期に整備されたインフラの代表格の一つ。特に1号羽田線などは老朽化が進んでおり、同委員会は早急に対応策を検討すべきだと指摘した。

 問題は、これらの更新・修繕費用をどう工面するかだ。道路関係公団の民営化で1995年に首都高速道路会社が発足した際、道路建設で積み上がった債務を、料金収入をもとに2050年までに返済する計画を立てた。しかし、その償還計画では大規模更新・修繕を考慮していなかった。

 費用を捻出する方法の一つが、料金の値上げだ。1月28日に国土交通省が開いた社会資本整備審議会の作業部会で、同社の菅原秀夫社長は、更新・修繕費用を料金収入だけで賄うためには10%程度の値上げが必要だと発言した。

 ただし、値上げによる費用捻出は社会的な同意が得られず、実施は難しいだろうと同社はみている。そのほかの方法としては、税金の投入や償還期間の延長などが考えられる。今後、同社や国交省などが協議して、費用の捻出方法について検討する。

 費用負担の問題が生じる背景には、「道路は無料」という原則がある。首都高の場合も、債務返済後は無料開放することを前提としている。

 だが、実際には「無料開放」のころには道路が老朽化していて、新たに更新や大規模修繕が必要となっている。日常の維持管理にも費用は掛かる。将来にわたって更新や維持管理の費用が必要となることを考えれば、償還期間を単に延長するだけでなく、「道路は無料」の原則を見直す必要が生じるかもしれない。

コメント2件コメント/レビュー

新たな公共工事は将来の新たな補修費用の発生を約束する。総人口が減り始めた日本で「コンパクトシティー」が叫ばれ出したのはタイムリーとも言えるが、同時に過剰なインフラの廃棄も進めないと、各地に多くの「ゴーストタウン」が出現するだろう。補修時期が来ても補修費用も、更には廃棄費用も捻出出来ない貧しい自治体から始まる。「国土強靭化」も一度工事すれば、補修が必要になる事を忘れたかの様に各地からも期待の声が上がっているのは異常としか言い様が無い。これからの日本は補修費用が出来るだけ少なくて住む様な国造りに切り替えて行かなくてはならない。高齢者の比率が益々上がる日本では、病院や買い物に歩いて行き来出来、冬の降雪時にも屋根の雪下ろしが必要ない集合住宅が中心になるだろう。個建て住宅は子育て世代が住み、子育てが終わったら集合住宅に移って次の子育て世代に引き渡す。従って、今までの様に一世代毎に立て直すのではなく、必要な期間だけ住める様に耐久性の高いタイプに切り替えてゆくべきだ。従って、個人資産として持つ必要がないので賃貸で良い。その時々の家族の状況に合わせて住み替えるには賃貸住宅を基本とするのが良く、集合住宅は病院や商店の集まっている近くに建てる。高い堤防がないと安心して住めない様な地域は「居住不適地」としていまから農地化するのが良い。3.11 の津波で流された地区も森林や農地にして、住居は高台の集合住宅にまとめる。人は過去から学んで将来のより良い社会建設に役立てなければ人たる意味が無い。「過ちは繰り返しません!」を皆で叫ぼう!(2013/03/26)

「もう1つのアベノミクス 「国土強靭化」の正体」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新たな公共工事は将来の新たな補修費用の発生を約束する。総人口が減り始めた日本で「コンパクトシティー」が叫ばれ出したのはタイムリーとも言えるが、同時に過剰なインフラの廃棄も進めないと、各地に多くの「ゴーストタウン」が出現するだろう。補修時期が来ても補修費用も、更には廃棄費用も捻出出来ない貧しい自治体から始まる。「国土強靭化」も一度工事すれば、補修が必要になる事を忘れたかの様に各地からも期待の声が上がっているのは異常としか言い様が無い。これからの日本は補修費用が出来るだけ少なくて住む様な国造りに切り替えて行かなくてはならない。高齢者の比率が益々上がる日本では、病院や買い物に歩いて行き来出来、冬の降雪時にも屋根の雪下ろしが必要ない集合住宅が中心になるだろう。個建て住宅は子育て世代が住み、子育てが終わったら集合住宅に移って次の子育て世代に引き渡す。従って、今までの様に一世代毎に立て直すのではなく、必要な期間だけ住める様に耐久性の高いタイプに切り替えてゆくべきだ。従って、個人資産として持つ必要がないので賃貸で良い。その時々の家族の状況に合わせて住み替えるには賃貸住宅を基本とするのが良く、集合住宅は病院や商店の集まっている近くに建てる。高い堤防がないと安心して住めない様な地域は「居住不適地」としていまから農地化するのが良い。3.11 の津波で流された地区も森林や農地にして、住居は高台の集合住宅にまとめる。人は過去から学んで将来のより良い社会建設に役立てなければ人たる意味が無い。「過ちは繰り返しません!」を皆で叫ぼう!(2013/03/26)

東海道新幹線は砂利の上に線路が敷かれています。震災で曲がった線路の被害を見ると、東北新幹線でほとんど被害の無かったコンクリート線路に比べて砂利の線路は危険性が高いのではないかと感じてしまいます。崩れても、戻せるからよいのかもしれないですが、震源地が近いことが予想される東海から南海にかけての地震で、過密ダイヤの東海道新幹線が地震第一波の報から本震までの間に無事に減速しきれるでしょうか。レールに脱線防止の鉄板を装着しているようですが、レールの下の地盤が不安定では元も子もないように思います。砂利の線路の耐震性はどうなのでしょう。頻繁に新幹線を利用する身として心配です。(2013/03/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長