• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2次朝鮮戦争は起きるのか

米国引き留めに必死の韓国

2013年3月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北朝鮮が対決色を強め、韓国も応える。北朝鮮は「第2の朝鮮戦争を避けるのは難しい」と宣言済みだ。戦争は起きるのか。

異例の威嚇が続く

 北朝鮮が神経を尖らせていた米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」は3月21日に終了した。だが、北朝鮮は韓国への威嚇を続ける。別の米韓演習である野外機動訓練「フォール・イーグル」が4月30日まで続くためだろうが、それにしても北の対応は過去に例がないほど強硬だ。

 金正恩第一書記は22日と23日、対南特殊戦部隊を視察し「敵の軍事対象物と反動統治機構を手相を見るように見抜いてこそ、有事の際には敵の牙城へ突入し心臓部に短刀を正確に刺せる」と演説した。

 24日にも別の部隊を訪問しており、軍の視察は3日連続だ。金正恩第一書記は3月に入ってから最前線の砲兵部隊や奇襲部隊を相次ぎ訪問し「攻勢」を強調している。

 25日には金正恩第一書記の立ち会いのもと、日本海側で大規模な上陸訓練を実施した。

 26日には米本土とハワイ、グアムや韓国へのミサイル攻撃を主任務とする戦略ロケット部隊を戦闘勤務態勢に突入させる、と北朝鮮人民軍最高司令部は発表した。

 北朝鮮は3月7日、外務省報道官声明を通じ、米韓軍事演習などにより軍事的対応をするほかなくなったとして「第2次朝鮮戦争」を宣言している。

ソウルに降下する北の兵士

 核の先制使用も公言したほか、21日には「南韓(韓国)を3日間で焦土化し、統一を完成する」内容の4分19秒の動画をネット上で公開した。北朝鮮のロケット砲部隊が集中的に火力を駆使する場面や、戦車部隊が南進するさまを流した。

 ことに韓国人を刺激したのは北のヘリ部隊が兵士をソウルの街に降下させるシーンで、多くの韓国メディアはこの写真を紙面に採用した。また動画は「戦争を避けようのない都市住民は食糧もなく大混乱に陥る」とも脅した。

 北朝鮮の威嚇の意図は米国に対しては「核武装国」としての扱いを求める一方、韓国や日本には「みかじめ料」を要求することだろう(「背水の陣で核賭博に出た金正恩」参照)。

 ただ、「南への侵攻」を露骨に宣言するなど、これまでにない攻撃的な姿勢を打ち出していることに韓国では懸念が深まる。「核保有国になった」自信や、韓国や米国になめられまいとする若い指導者の気負いから「偶発的に起こるケースを含め、本当に戦争になるのではないか」と恐れる人も出る。

コメント3件コメント/レビュー

”戦争”なんてモンは起きやしませんよ。何を言ってるんだか。せいぜい”紛争”、”小競り合い”程度です。起きてもタイとカンボジアの間のドンパチくらいの規模でしょ。事を大げさに言うことが好きですねぇ、まったく。韓国と北朝鮮が揉めても、どこも介入しません。中国も、もちろんアメリカもね。日本は100%関係ありませんし。読者をミスリードするのは止めてください。日本は対中国用に粛々と軍備を増強し、改憲し、自衛軍を持てば良いだけです。小国の紛争や騒音に惑う必要はない。(2013/03/28)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「第2次朝鮮戦争は起きるのか」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

”戦争”なんてモンは起きやしませんよ。何を言ってるんだか。せいぜい”紛争”、”小競り合い”程度です。起きてもタイとカンボジアの間のドンパチくらいの規模でしょ。事を大げさに言うことが好きですねぇ、まったく。韓国と北朝鮮が揉めても、どこも介入しません。中国も、もちろんアメリカもね。日本は100%関係ありませんし。読者をミスリードするのは止めてください。日本は対中国用に粛々と軍備を増強し、改憲し、自衛軍を持てば良いだけです。小国の紛争や騒音に惑う必要はない。(2013/03/28)

なにやら,尖閣問題と相似形の臭いがします:北朝鮮-支那韓国=ソウル他-日本=尖閣沖縄本当に米国は助けてくれるのか? もはや敵性国家韓国など壊れてくれればよいのですが,北が韓国に侵攻した場合,米国がどう対応するか,いわば日本にとって試金石です.支那にとっても試金石でしょう.しかし,北が下手を打って米国が介入すれば,尖閣は安泰かもしれません.(2013/03/28)

今の北朝鮮には核兵器を海上で爆発させたりミサイルを発射することはできてもガソリン不足のため戦争を継続することはできないし、メンツを潰される中国から援助を打ち切られることを何よりも恐れているはず。彼らにカネを流さないことが戦争の抑止力にもつながるし、北の若き指導者殿には少帝弁を弘農王に封じたように最低限のメンツをたてつつ実質的に封じ込めていくのが妥当だろう。(2013/03/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長