• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

敗れたヨルダン戦に見た日本代表の新たな可能性

「トップ下香川」を実戦で試して浮上した課題と希望

2013年4月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月26日にアウェーで行われたサッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選のヨルダン戦。来年にブラジルで開催される本大会出場を決めるには、勝ち点1(引き分け)以上でいい状況だった。

 チームの攻守を牽引する本田圭佑と長友佑都を負傷で欠き、不安視される点も多少はあった。しかしそれ以上に、トップ下に香川真司を配置した新しい布陣に対して、これまでのザックジャパンとは一味違う展開を期待していたサポーターが多かっただろう。

 結果は試合終盤の遠藤保仁のPK失敗もあり1―2で敗れ、本大会出場決定も次戦に持ち越しとなった。この試合の敗因がこれまでとは異なる布陣にあると指摘するメディアもあった。これまでのアウェーでの試合と比較して、ヨルダン戦における日本代表のパフォーマンスはどうだったのだろうか。

ヨルダン戦とオマーン戦の基本スタッツ
(これ以降のデータはすべてデータスタジアムからの提供)

 上の表は、ヨルダン戦とオマーン戦(2012年11月14日)の基本スタッツを示したものだ。最終予選をアウェーで戦った最近の2試合である。基本スタッツの中でも、日本のシュート数、ペナルティーエリアへの進入数は今回のヨルダン戦の方がオマーン戦を大きく上回っていた。

 ペナルティーエリアへの進入数では、これまでのホームでの試合を含めても最多の28回に上った。しかし、結果として得点を奪うことはできなかった。一方で、ヨルダンは放ったシュート6本のうち5本は枠内をとらえ、そのうち2本が日本のゴールネットを揺らした。

 さらに時間帯別ボール支配率とシュート数のデータを見てみると、ヨルダン戦と比較して、オマーン戦はすべての時間帯で日本が高いボール支配率を示していたが、シュート本数が0本の時間帯もあり、逆にオマーンのシュート本数が日本を上回る時間帯があった。このようにボールを支配しているものの、シュートまで持ち込めない攻撃の停滞感が浮き彫りになっていた。

時間帯別支配率とシュート数
()内はシュート数

 一方で、今回のヨルダン戦ではすべての時間帯でシュートを打ち、シュート本数もすべての時間帯でヨルダンを下回ることはなかった。逆にボールを支配していた後半15分に1つのミスからカウンターでヨルダンにゴールを奪われたが、試合の内容としては、むしろヨルダン戦の方が良かったと評してもいい。

コメント3

「「ビッグデータ」で読み解く現代サッカーの神髄」のバックナンバー

一覧

「敗れたヨルダン戦に見た日本代表の新たな可能性」の著者

永野 智久

永野 智久(ながの・ともひさ)

スポーツアナリスト/アンドスポーツ代表

「巧みなワザやコツの可視化」をテーマにスポーツ選手のパフォーマンスを定量的に評価する研究に取り組んでいる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官