• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「激安」「高額」、価格の二極化時代は終わった

中価格帯商品の登場相次ぐジーンズ市場

2013年4月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、ジーンズの価格問題が以前より静かになった。ジーユーの990円ジーンズも大手総合スーパー(GMS)の1000円以下ジーンズもほとんど話題に上らない。戦略的に始めたジーユーの990円ジーンズはそれなりに定着した感がある。しかし、GMSの1000円以下ジーンズは今でも売り場に並んでいるが、売れているという噂も大規模な追加生産が入ったという噂も耳にしたことがない。

 1000円以下の激安ジーンズブームは2年ほど前に完全に終わっていたと考えるべきなのだろう。今となっては「激安ジーンズブーム」というものがあったのかどうかも疑問で、メディアだけが勝手にヒートアップしていたのではないかとも感じられる。

2万円を超えるジーンズも動かず

 その一方で、ジーンズのことをあまり詳しくない人は、アパレル業界に属する人であっても「2万円を超えるような高額ジーンズが売れているんでしょう?」といったことを言う。だが、これもメディアの刷り込みによるもので、現在、一部のブランドを除いて2万円を超えるようなジーンズはあまり動いていない。高級プレミアムジーンズブランドの価格はやや下がり気味である。高級プレミアムジーンズブームは2004年後半から盛り上がり、2005年にピークを迎えて2007年に終結したと見られている。

 一例を挙げると、高級プレミアムジーンズブームの一角を支えたブランド「ヤヌーク」は2008年から国内のメーカー、カイタックインターナショナルがライセンス生産を始め、価格を1万9000円台に抑えた。これは、2万円を超える高額ジーンズは今後、売れ行きが鈍るという判断からなされたもので、当時の判断は正しかったと言える。一方、某国内ジーンズメーカーは、明らかに高級プレミアムジーンズブームが終わった2008年春から欧米高額ブランドの輸入を開始するという判断ミスを犯してしまい、早々に撤退した。

 以上のようなこの数年の経緯を見ていると、ジーンズの価格は中価格帯に集まり始めていると言えるのではないだろうか。「中価格帯」とまとめてしまうのは乱暴だが、上限が1万9000円台、下限はユニクロの3990円というのがジーンズというアイテムのメーン価格帯といえる。特に3年ほど前からは、5900~9800円のいわゆる「中価格帯」への新規参入が増えている。

 ジーンズカジュアルチェーン店の最大手、ライトオンのPB(プライベートブランド)「バックナンバー」のジーンズは、シーズンごとに少しずつ価格帯が変動しているが、毎シーズンだいたい7900~9800円の間である。1万円を超えるような商品は特別企画だけだ。

 また今春から開始されたアバハウスインターナショナルの新業態「マイセルフ」のオリジナル企画のジーンズは7000~9000円となっている。特にセルビッジデニム生地を使用したジーンズは8925円と、割安感を打ち出している。

 同じく今春からスタートしたアーバンリサーチの新業態「センスオブプレイス」も自主企画のレディースストレッチジーンズを6490円や6990円で販売している。ジーンズカジュアルチェーン店「ジーンズメイト」が本格的に立ち上げたメンズのPB「ブルースタンダード」もジーンズは6500円を中心価格としている。ナノ・ユニバースが展開する「ナノ・ユニバース・ザ・ファーストフロアー」のオリジナルジーンズも7000~9000円の間で提案されている。

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「「激安」「高額」、価格の二極化時代は終わった」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長