• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性政策にいよいよ「本気」になった日本政府?

もはや不可欠、やり方次第ではEUにも勝てる

2013年4月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 民主党政権時代、最も「軽い」大臣ポストの1つが男女共同参画担当大臣だった。3年3カ月の間にこのポストに就いたのは官房長官の事務代行を除いても8人。少子化対策担当大臣の9人に次いで頻繁に交代したポストだった。

 男女共同参画担当という大臣が初めて置かれたのは森喜朗内閣時代の2001年。主として官房長官の兼務ポストだったが、第1次安倍晋三内閣で内閣府特命大臣として上川陽子氏が任命された。以後、中山恭子氏、小渕優子氏と引き継がれた。自民党時代はほぼ1内閣1人だった。民主党も最初は女性議員の福島瑞穂氏を据えたが、その後は他の大臣の兼務ポストとなり「たらい回し」の状況になった。民主党はイメージとは違って「男女共同参画」や「少子化対策」を政策としてはあまり重視していなかったということなのだろう。

 安倍内閣になって、がぜんこのポストの重みが増している。第1次安倍内閣同様、女性議員を大臣に据え、少子化対策と消費者及び食品安全担当を兼務させた。任命されたのは森まさこ参議院議員である。

 実は「男女共同参画」や「少子化対策」は、経済の再生を目指すアベノミクスと密接に関係している。関係しているというよりもアベノミクスの主要政策の1つと言ってもいいものなのだ。

 昨年末、安倍自民党が総選挙を戦った際、政権公約の細目である「自民党政策BANK」を公表した。その中に、「女性力の発揮」という項目があるのだ。それも「経済成長」の具体策の1つとして盛り込まれている。そこにはこう書かれている。

「にぃまる・さんまる」に込められた目的

 「社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする目標(“20年30%”〈にぃまる・さんまる〉)を確実に達成し、女性力の発揮による社会経済の発展を加速させます」

 この「にいまる・さんまる」という数字自体は、民主党政権時代の2010年に作られた男女共同参画基本計画に盛り込まれていたもので、安倍自民党のオリジナルというわけではない。だが、安倍首相は自らの強いリーダーシップで実現に向けて具体策を打っていこうとしている。その背景には、アベノミクスの目的がある。強い日本経済の再生には女性力の活用が不可欠だという認識がある。

 安倍氏の「本気度」は政権発足直後の人事にも表れた。前述の通り、男女共同参画担当相に森氏を起用したほか、規制改革担当相に稲田朋美氏を当てた。首相を含む19人の閣僚のうち女性が2人というのは、民主党政権時代を通じて「標準的」な水準だが、党人事ではサプライズを演出した。自民党の3役人事で、政調会長に高市早苗氏、総務会長に野田聖子氏を抜擢したのだ。

 自民党3役に女性を当てたのは野党時代の小池百合子・政調会長の例があるが、与党としては初の起用。しかも3役のうち2人、つまり「過半数」が女性というのは自民党の歴史始まって以来の初めての事である。当選回数でみれば適齢期とも言えるが、2人とも無派閥。総裁の決断がなければ実現できない人事だった。記者会見で安倍氏は「女性の力を生かしていく。自民党が変わったことを理解していただけるのではないか」と述べた。

コメント3件コメント/レビュー

女性・若者が重視されるのは、労働力不足を補うよりも消費側の需要を増やすことに力点が置かれていると認識します。「経済を成長させていく上で、若者と女性が主役であり、かつ、その成長の果実をしっかりと享受できるようにしていかなければいけない。」という表現がそれを物語っています。アベノミクスの狙いは、女性や若者の収入を増やすし、それが消費にまわることでGDPを押し上げようとすることだと理解する方が筋は通ると思います。男性側の意識を変えることが必要という意見は同意します。加えて、男性社会になっている企業も意識を変える必要があるでしょう。個人的には1人あたりの労働時間を減らし、その分雇用者を増やす方が社会全体の幸福は増えるのではないかと考えます。(2013/04/19)

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「女性政策にいよいよ「本気」になった日本政府?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

女性・若者が重視されるのは、労働力不足を補うよりも消費側の需要を増やすことに力点が置かれていると認識します。「経済を成長させていく上で、若者と女性が主役であり、かつ、その成長の果実をしっかりと享受できるようにしていかなければいけない。」という表現がそれを物語っています。アベノミクスの狙いは、女性や若者の収入を増やすし、それが消費にまわることでGDPを押し上げようとすることだと理解する方が筋は通ると思います。男性側の意識を変えることが必要という意見は同意します。加えて、男性社会になっている企業も意識を変える必要があるでしょう。個人的には1人あたりの労働時間を減らし、その分雇用者を増やす方が社会全体の幸福は増えるのではないかと考えます。(2013/04/19)

すみません、理解出来ませんでした就労人口の減少という大前提の上に成り立つ話だと思うのですが、本当に足りないのですか?若年層の就職問題、壮年層の雇用問題、この二つは失業という形で労働力は余っているように感じられます。非正規雇用の労働人口が足りないと言う事なのでしょうか?何が問題なのか理解出来ませんでした。(2013/04/19)

本当に女性の力を活用したいなら、女性のおかれる環境や子育て環境をいじるのではなく、男性側の環境と意識を変えないと根本解決にはならないでしょう。男性ももっと次の世代を育てるという意識をもって子育てしないといけないからです。つまり男性側に当事者意識が薄いってことですよ。(2013/04/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授