• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「北の非核化、米軍撤収」で手打ち~架空・米中首脳会談

朝鮮半島危機で米中が“頭越し交渉”へ

2013年4月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「核兵器を使うぞ」と威嚇する北朝鮮と、核武装に動く韓国。朝鮮半島の破局を危惧する米中が、ついに“頭越し交渉”に乗り出す。東アジアの勢力図がガラリと変わる大型の取引になるかもしれない。

中国にも核ミサイルを撃つ

 以下は、架空の米中首脳会談のやりとりだ。その時期は北朝鮮の核恫喝が激しくなった201P年Q月――。

米国:北朝鮮を何とか抑えてほしい。「米韓日に対し先制核攻撃する」なんて脅してくるから、こちらも強腰に出るしかない。このままでは戦争になりかねない。

中国:もちろん我々も朝鮮半島情勢を深く憂慮している。ただ、残念なことに我が国には北朝鮮を抑える力はない。平壌は我々の言うことなど聞きはしないのだ。

米国:いつもの言い草だな。だが、今はそんな言い訳が通る状況にない。29歳の、全く経験のないリーダーが核を振り回しているのだ。戦争になるかもしれない。中国が本気になって食糧と石油を止めれば北朝鮮は干上がる。直ちに実行してほしい。

中国:今となっては手遅れだ。北はたぶん、核兵器の実用化に成功している。それは韓国や日本、米国にだけ向いているのではない。我が国にだって向けられている。

 北京を核攻撃するには長距離弾道弾は要らない。すでに北が持っている足の短い弾道弾で十分だ。もし、食糧や石油を止めたら、北京目がけて核ミサイルを撃ってくるかもしれない。

韓国に核武装を許す

米国:新しい言い訳を考えついたな。一見、それらしいが、北に対中攻撃などできやしない。中国に核攻撃を仕掛けたら、いや、通常攻撃だけでも援助と貿易が止まる。どうしても北から核を取り上げないというのなら、こちらにも考えがある。韓国に核武装を許すぞ。

中国:……。

米国:韓国は思い詰めている。米韓原子力協定を改定しウラン濃縮とプルトニウム再処理を認めろ、と執拗に言ってきている。つまりは核武装の準備だ。

 「世界的な核拡散防止」を名分に必死で韓国を抑えている。だが、韓国では「北に核兵器で脅されている以上、NPT(核不拡散条約)を脱退しても核武装しよう」という声が高まっている。

中国:……。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』好評発売中

韓国はなぜ、中国と一緒になって日本を叩くのか?
米国から離れて中国ににじりよるのか?
朝鮮半島を軸に東アジアの秩序を知り、
ガラリと変わる勢力図を読み切る!!
「早読み 深読み 朝鮮半島」の連載を大幅に加筆・修正して最新情報を1冊に。

コメント6件コメント/レビュー

この記事にあるような展開になる前に、対抗上日本は「台湾承認、中国撤退」を準備しておかないといけませんね。「大陸から手を引く」イコール「中国の正統な政権は大陸にあってはならない」ですから。(2013/04/25)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「北の非核化、米軍撤収」で手打ち~架空・米中首脳会談」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事にあるような展開になる前に、対抗上日本は「台湾承認、中国撤退」を準備しておかないといけませんね。「大陸から手を引く」イコール「中国の正統な政権は大陸にあってはならない」ですから。(2013/04/25)

もしもこのように米中が野合する事態となった場合、日本は次善の策である日露同盟に傾くことになる。米国としては容認できない話だが、容認できないと日本与論の硬化を前に言い放つことができるだろうか。 ロシアとしては資源の売却を軸に経済的な繋がりが強化できることを考えれば、手を握ることは吝かではない。北方領土問題さえなんとかできれば、ASEANを中心とした東アジア経済圏にロシアが参入できるチャンスでもある。 朝鮮半島のみを考えればあり得る話ではあるが、その外環を踏まえると米国的に少々厳しいシナリオではないだろうか。(2013/04/25)

あの~韓国が大陸に対する”盾”だなんて、一体どこのどなたが思っているんですか??妄想もここまで来ると面白いけど・・。北も南も、朝鮮はとっくに”あちら側”でしょう?何をいまさら言っているんでしょうか。中国の属国である朝鮮が核を持っても、中国が日本に向けている核弾頭が1000基から1001基になるだけの話です。今までと何ら変わらない。韓国があるから日中が揉めるんです。反日反米なのに、”こちら側”にいるからです。中国と日米だけで良いんですよ。元々日中関係には、もめる要素なんてないんですから。朝鮮がなくなれば、極東は安定します。(2013/04/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員