• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍政権のデフレ脱却策で、これから日本はどうなるの?

「黒田バズーカ砲」の是非を自分の頭で考えるための本

2013年5月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさん、こんにちは。5月になりました。ゴールデンウィークの真っ最中、今日は平日ですがお休みを取っている方もいらっしゃることでしょう。

 黒田東彦日本銀行総裁が打ち上げた金融緩和策、俗に「黒田バズーカー砲」とも言われている政策が、日本経済に大きな変化を起こしています。いよいよデフレ脱却か?という世間の期待も高まっていますが、ちょっと待って下さい。

 デフレ脱却がそんなに簡単なことなら、なぜこれまで日銀は動けなかったのでしょう? きっと表層的な論戦やニュースを追っているだけでは分からない背景があるはずです。物事を分析してみるには、理論から考えるアプローチとファクトを積み上げたボトムアップのアプローチ、両方の視点が大切です。また、左右に極端に意見が違う人の主張をきちんと理解することも重要です。

 そこで今回は、「デフレーション」を自分なりに解読するための、とっておきの本をご紹介することにしましょう。

 1冊目はこれです。吉川洋・東京大学経済学研究科教授の著した『デフレーション』です。

デフレーション』(日本経済新聞出版社)

 今回はテーマがテーマですから、デフレを考えるためにはデフレーションって何だ、という定義や、何を議論するのかという土俵をあらかじめ決めておかなければいけません。しかも経済学は日進月歩で進んでいるので、あまり古い本ではいけません。日本の現実を議論しようと思えば、この『デフレーション』がお勧めです。理論の変遷も踏まえて、本当に様々な内容が盛り込まれていますので、ここから入りましょう。デフレは何かという定義から、歴史的事実も追ったデフレの概論をつかむことができます。しかも、学術研究だけではなく日本で影響力のあった啓蒙書についても丁寧に紹介しています。

足で稼いで築き上げた独自の理論を味わう

 さて、デフレについての全体像をつかんだら、次は藻谷浩介さんの『デフレの正体』がお勧めです。

コメント4件コメント/レビュー

なんだか偏ってるなあ。7冊中3冊は読んだことあります。浜田先生以外の本は、官僚が大好きなデフレでお先真っ暗理論を展開する本じゃないでしょうか。最後が国家は破綻するですからね。リフレ派の岩田さんの本も紹介して欲しかったな。(2013/05/02)

「出口治明の「ビジネスに効く読書」」のバックナンバー

一覧

「安倍政権のデフレ脱却策で、これから日本はどうなるの?」の著者

出口 治明

出口 治明(でぐち・はるあき)

ライフネット生命保険会長兼CEO

1948年生まれ。京都大学を卒業後、日本生命保険に入社。同社を退職後、2006年にネットライフ企画設立、代表取締役就任。2008年にライフネット生命保険に社名変更。2013年6月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんだか偏ってるなあ。7冊中3冊は読んだことあります。浜田先生以外の本は、官僚が大好きなデフレでお先真っ暗理論を展開する本じゃないでしょうか。最後が国家は破綻するですからね。リフレ派の岩田さんの本も紹介して欲しかったな。(2013/05/02)

デフレ本5冊にリフレ本1冊を紹介して、最後に「国家は破綻する」のご紹介ですか?これは中立と呼べるものでしょうか。執筆者は生命保険会社の出身者であるため、債券畑の思考回路が身についており相当なバイアスが掛かっているであろうことは容易に想像できましたが、中立を装って読者をデフレ思考へ誘導するのはいかがなものかと思います。(2013/05/01)

両極端の本を読むというのは悪くない考えだと思いますが、(実際私も読みました。)嘘の書かれている本を勧める良くないですね。例えば「デフレの正体」で人口減少デフレ論が一時期主流になりましたが、ロシア等は人口減少しつつインフレになっていました。また、金融緩和をしたら国債が暴騰云たら、という論も現時点では嘘だということが分かっています(長期的には分かりません)要するに経済は生き物ですから、その時に応じた政策が必要であり、その時に必要な論は何かということです。ということで、個人的には導入書(というかお金をかけたくないのであれば)として三橋貴明さんのブログをお勧めします(笑)あと、日経は、大好きな藤巻さん達と一緒に「現時点では私たちが間違っていました」と謝罪するべきでは?そこから始まることもありますよ?(2013/05/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長