• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

超バトル!向谷車掌「ブルトレ」vs安倍首相「あさかぜ号」

「ニコニコ超会議2」にアベノミクス旋風

2013年5月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大型連休(ゴールデンウイーク)突入前夜の4月26日午後7時すぎ。JR大阪駅構内の一角は、昨年の同じ時期にも増して、高ぶる気持ちを抑えきれない人々で埋め尽くされていた。大阪発、上野行きという、通常では存在しないはずの寝台列車「ブルートレイン」の臨時運行が今年も実現。その発車の様子を見守る鉄道ファンの群れだ。

 この臨時列車は、視聴者が画面上にコメントを流すことが可能なインターネットの動画サイト「ニコニコ生放送」や「ニコニコ動画」を運営するドワンゴが昨年に続き幕張メッセで開いたユーザー向けのリアルイベント「ニコニコ超会議2」の開催に合わせて運行された、その名も「ニコニコ超会議号」だ。

 フュージョンバンド「カシオペア」の元キーボード奏者で、電車の運転シミュレーターなどを開発・販売する音楽館(東京都品川区)の社長、向谷実氏がプロデュースした“夢の列車”だ。昨年の運行が話題になったことで、人気は一段と過熱。今年は約110人の定員分のチケットが発売後の約1時間半で売り切れた。

「今年も走っちゃうよ!」と気合を入れる向谷実“車掌”(撮影:都築雅人)

2度目の“超ブルトレ”にアベノミクスの追い風

 今年のゴールデンウイークの経済環境に目を移せば、外国為替市場の円相場が昨年の同じ時期より20円近くも円安・ドル高の1ドル=100円を探る展開となった。このため、海外旅行をしたくても、外貨建ての旅費がかさむ。そのうえ、尖閣諸島問題を背景とする中国との関係悪化などが災いしたことも国外への渡航を思いとどまらせたようで、海外旅行者数は昨年の大型連休に比べ減少したとみられる。

 その反動もあってか、連休中の国内旅行者数は昨年より増加したもようだ。最大の要因は言うまでもなく、昨年末に政権を奪回した自民党の安倍晋三政権による経済政策、アベノミクスの効果だ。昨秋からの株式相場の上昇基調が象徴するように、世の中の景況感が上向いている。個人の財布のひもは物的な消費だけでなく、レジャー向けでも緩んできているようだ。

安倍首相、「ニコ超」会場に現る!

 そのアベノミクス効果。今年はブルトレ企画の人気をさらに後押しするなど、ニコニコ超会議にとって様々な予想外の展開をもたらした。その最たる出来事が、政策発動の最高責任者である安倍首相本人が、このニコニコ超会議の会場に登場したことだ。しかも、その場を盛り上げる演出のために効果的に使ったのが、これまた乗り物だった。

自民党の街宣車「あさかぜ号」から“ネット民”の支援を請う安倍首相 (写真:ドワンゴ提供)

 ブルトレ同乗記にいく前に、今年の超会議の中で、図らずも繰り広げられた、その“乗り物バトル”の異様な盛り上がりからリポートする。

コメント4件コメント/レビュー

このブルートレインは、向谷さんの企画だったんですね。大学を卒業して大阪に本社がある企業に集団就職した1970年代の始めは帰省する時は何時も寝台特急日本海?北国?でした。あまり良い印象は無いですね。6人か良くて4人の相部屋みたいなものですから、色々な人と出くわしました。酔っ払い、被害妄想の人、喋り続ける人等。おかげで一睡もできずに終着駅に着いたことも有りました。しかし、この寝台列車は大分違うようですね。楽しそうです。ここで向谷さんのことを。向谷さんのキーボードはリズムセクションの一つにもなっている奏法で大好きです。鍵盤の上に天井があるようなアップストロークを感じさせる歯切れの良い奏法です。今回は、それを感じさせる政治、経済に及ぶ歯切れの良いご意見に同感です。鉄道と音楽の側面から実体経済と政治を語っています。(ギター弾きの元通信技術者 62歳)(2013/05/11)

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「超バトル!向谷車掌「ブルトレ」vs安倍首相「あさかぜ号」」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このブルートレインは、向谷さんの企画だったんですね。大学を卒業して大阪に本社がある企業に集団就職した1970年代の始めは帰省する時は何時も寝台特急日本海?北国?でした。あまり良い印象は無いですね。6人か良くて4人の相部屋みたいなものですから、色々な人と出くわしました。酔っ払い、被害妄想の人、喋り続ける人等。おかげで一睡もできずに終着駅に着いたことも有りました。しかし、この寝台列車は大分違うようですね。楽しそうです。ここで向谷さんのことを。向谷さんのキーボードはリズムセクションの一つにもなっている奏法で大好きです。鍵盤の上に天井があるようなアップストロークを感じさせる歯切れの良い奏法です。今回は、それを感じさせる政治、経済に及ぶ歯切れの良いご意見に同感です。鉄道と音楽の側面から実体経済と政治を語っています。(ギター弾きの元通信技術者 62歳)(2013/05/11)

向谷さんの日本標準をそのまま世界へ、という意見には個人的にとても賛同できます。クールジャパンに代表されるコンテンツだけでなく、製造システムやサービスなどなど、日本の仕組みや商品は海外に売り込めるだけのポテンシャルをもっているし、それゆえ不用意に(売らんがために)ローカライゼーションする必要はないと思う。経済環境が変わっただけで、あっさりと日本製商品などが売れたんだから、素直に自国のものを自信を持って売ればいいと思う。(2013/05/08)

これは、驚きました。鉄オタってのは、大したリアリストだ、お世辞抜きに。それともこの人だけなのかな。ちゃんと鉄道事業からみた安全技術とビジネスの動向にシンプルな説得力がある。(2013/05/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長