• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

家庭訪問で探る本物のビジネスチャンス

ナイジェリアで見た「欧米的」消費生活

2013年5月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アフリカ最大の1億6555万人の人口を抱えるナイジェリア。その商都ラゴス郊外で、あるナイジェリア人家庭を訪れた。

 日本の貿易商社、太陽インダストリーアフリカ(東京都中央区)に勤める現地社員、イシオマ・ワブエゼさん(25歳)の一家だ。イシオマさん一家は、ラゴスのいわゆる「中間所得層」で、その中でも裕福な方だ。住まいはラゴスのベッドタウンともいうべき「オバウォレ」という新興住宅街にある。イシオマさんを紹介してくれたのは、アフリカへの進出支援を手がけるアフリカビジネスパートナーズ(千葉県柏市)である。連載第1回は、イシオマさんの家庭を通じて、ラゴスに住む典型的な中間層の生活を覗いてみたい。

イシオマ・ワブエゼさん(右)と兄のチュークスさん

 イシオマさんの住まいは、記者が滞在していたラゴスのヴィクトリア島にあるホテルから約1時間半のところにある。彼女の家に近づくにつれて、路面の状態は悪くなった。彼女の自宅近隣の道路は舗装されておらず、クルマやバイクが通るたびに砂煙が立ち、いたるところが大きく陥没している。記者が乗っていたのは普通のセダン車。4輪駆動車でなければと通れないのではないかと、不安になる場面すらあった。

近隣の道路は舗装されておらず陥没も目立つ

コメント5

「アフリカ 灼熱の10億人市場」のバックナンバー

一覧

「家庭訪問で探る本物のビジネスチャンス」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師