• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

真面目な上司ほど要注意! 「仕事に対する価値観」を部下に押しつけるな

部下一人ひとりの望ましい行動を引き出す「動機付け条件」とは?

2013年5月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 英語の勉強をする。ジョギングをする。お菓子を食べるのを我慢する。人はなぜ、このようなある特定の行動を実行する(あるいはしないようにする)のでしょうか。その理由は、一人ひとり違います。

 「英語の勉強を熱心にしている同僚のあの人は、TOEICの点数が上がるとワクワクするんだって。君も英語をやってみたらいいじゃないか」

 「走って汗を流した後の一杯が最高なんだ。なんで君がなかなかジョギングができないのか、ちょっと分からないなあ」

 「甘いものを食べすぎると体に良くないよ。食べなきゃいいだけじゃないか」

 既に英語の勉強やジョギングを習慣化している人、あるいは甘いものを節制できる人からすれば、そのように行動できていない人たちを脇で見ていて、もどかしい思いを抱いたり、疑問に思ったりすることでしょう。

 なぜ、行動できないのか。あるいは悪習をやめられないのか。理由を端的に言えば、それを実行する動機が弱いからです。人がある行動をとる理由を、行動科学マネジメントでは「動機付け条件」あるいは「確率操作」と言います。

 皆さんの仕事を管理している現場においても、動機付け条件の話は同じように当てはまります。例えば、あなたの部下は、部下なりの動機付け条件に従って仕事をしています。部下があなたの思うように動かない、部署がぎくしゃくしていると感じているなら、あなたと部下それぞれの動機付け条件には違いがある、ということを知った上で、部下とどのように接しているか、改めて見直す必要があるかもしれません。自分にとって望ましい動機付け条件を、無意識のうちに部下に押しつけている可能性があります。

望む「職場の在り方」「働き方」は人それぞれ

 大学卒業以来、大手自動車メーカー系列の販売会社に勤めている人がいます。この人は今年38歳になります。昨年、ある販売所の所長になったときは、とても張り切っていました。それまでは本社勤務で販売促進課にいたのですが、販売所という新しい職場で自分の経験を大いに生かせると考えたのです。

 所長が販売所に赴任して最初に行ったことは、本社で培った販売促進のノウハウを従業員の前で披露し、販売戦略を全員で共有するというものでした。そして、「みんなで頑張って、全員の賃金アップを勝ち取ろう」と檄(げき)を飛ばしました。

コメント6件コメント/レビュー

本当に難しいテーマだと思います。私も管理職になったばかりの時は、チームをまとめなければという想いで、飲み会をよく開催していたの、本記事を読んで、一部の部下には迷惑だったのかなと反省しています。やはり、今の時代は色々な価値観を持った人、様々な事情を抱えている社員も多いので、普段の仕事の中で、何気なくコミュニケーションを取り、社員の考え方、諸事情を把握することに努めなければならないと実感しています。そのうえで、たまには飲み会などの企画があってもいいかなと思っています。(2013/05/29)

「輝く課長の行動科学マネジメント」のバックナンバー

一覧

「真面目な上司ほど要注意! 「仕事に対する価値観」を部下に押しつけるな」の著者

石田 淳

石田 淳(いしだ・じゅん)

ウィルPMインターナショナル社長

行動科学マネジメントの第一人者。行動分析、行動心理を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものにアレンジ、短期間で8割の「できない人」を「できる人」に変えると企業経営者などから支持を集める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当に難しいテーマだと思います。私も管理職になったばかりの時は、チームをまとめなければという想いで、飲み会をよく開催していたの、本記事を読んで、一部の部下には迷惑だったのかなと反省しています。やはり、今の時代は色々な価値観を持った人、様々な事情を抱えている社員も多いので、普段の仕事の中で、何気なくコミュニケーションを取り、社員の考え方、諸事情を把握することに努めなければならないと実感しています。そのうえで、たまには飲み会などの企画があってもいいかなと思っています。(2013/05/29)

仕事に対する価値観が個人によって様々であるのは、その通りですが、会社のポリシーがあるとすれば、社員もそれを理解し、仕事をしている間はそれに沿うよう行動するものではないでしょうか?上司のやり方が全て正しいとは限りませんが、部下へのご褒美を意識するマネジメントには賛同できませんでした。組織、会社としての成果を上げるため、ベクトルを同じ方向に向かわせるには、時には部下の考え方を会社のポリシーに向かわせるような指導が必要ではないかと思います。押し付けでは良いパフォーマンスを引き出せませんが、会社のポリシーが合わないのであれば、別の会社を選ぶことになるのでしょう。(2013/05/29)

本社から来た所長に本音がいえるわけが無い。昇進前から関係が有る場合は、まだ、本音を言ってくれる場合もありますが、それでも、上下関係があるので包み隠さずと言うわけにはいかない。単なる職場の先輩から、管理職になり上下関係が出来た時から、下からの意見をくみ上げるスキルを磨かなければ、どんどん裸の王様になっていく。周囲と壁を作らない良き先輩だった人ほど、上下関係によって壁が出来た時に苦労するのかもしれない。(2013/05/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長