• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグルマップの日本語版を英語版の次に実現した彼の機転と奮闘

ビジュアル表示は日本向けを急きょ世界向けに

2013年5月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 入社後すぐに、インターナショナルプロダクトマネジャーとして検索連動型広告事業の国際展開を任され、短期間で20カ国の展開を実現するという厳しい至上命題をクリアし、頭角を現した徳生健太郎。

 彼が次に注目したのは、生まれ故郷の日本でブレイクしていた携帯電話。いわゆるモバイルサービスだった。2004年の春から1年ほどかけて準備をし、2005年6月にグーグルによるモバイル検索サービスをスタートさせる。

 翌2006年には日本の携帯キャリアとのパートナーシップを実現させるなど、会社の上層部を巻き込むビッグビジネスになった日本でのモバイル検索サービスは大きな収益を生み出し、徳生の名前はグーグル社内で広く知られるに至った。

 だがもう1つ、徳生の名を知らしめることになったのは、社内外で大きな話題となったモバイル検索サービスだけではなく、ほとんど同時並行でもう1つのプロジェクトを日本のユーザー向けに推し進めていたことだ。

モバイルと同時進行で実現したもう1つのプロジェクト

 これが、モバイル検索スタートの翌月、2005年7月に日本でスタートしたグーグルマップだった。徳生は、何とこの2つのプロジェクトを同時に主導していたのだ。

 「グーグルマップがアメリカで始まったのは、2005年の1月でした。その前から、社内でテスト版が出たりしていたんですが、面白い製品だと思いました。実際、これはすごい、と会社中が驚いて、大騒ぎになりましたね」

 それまでにも、インターネット上には地図を掲載しているサイトはあった。だが、グーグルが作ったマップは、それとは全く違うものだった。

 「それまでの地図は、言ってみれば普通のHTMLの上にデータが貼り付けてあったわけです。それをスクロールして見ていくわけですね。そのたびにクリックしてページ全体をリロードするしかなかった。遅くて、描画された地図も粗くて、ものすごくぎこちなかったんです」

 「しかし、あらかじめきれいに描画された地図データだけを、JavaScriptを使って必要なエリアだけオンデマンドで読み込みながら、ブラウザー上でインタラクティブに自由に地図を動かす手法が、ブラウザーの進化のおかげで開発できた。その地図インターフェース技術の基盤を早くから手がけていた会社をグーグルは買収していたんです」

 リロードなしに、地図が動いたり、ズームしたりできる。これによって、地図をダイナミックに表現できるようになった。紙の地図を見ているのとは、全く違う感覚で地図を見られるようになったのだ。後にここから、Ajaxという言葉が出てくるようになる。Asynchronous JavaScript+XML。ブラウザー内で非同期通信とインターフェースの構築を行う技術。Gmailもそうだが、ウェブページをリロードせずにメールのスレッドが開いたりするのは、この技術を使っているのだ。

コメント0

「グーグルで最も活躍する日本人の軌跡」のバックナンバー

一覧

「グーグルマップの日本語版を英語版の次に実現した彼の機転と奮闘」の著者

上阪 徹

上阪 徹(うえさか・とおる)

ライター

リクルート・グループなどを経て、95年よりフリーランスのライターに。経営、金融、就職などをテーマに雑誌や書籍などで幅広く執筆やインタビューを手がける。インタビュー集に『プロ論。』ほか。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長