• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

合体、変形……「キワモノ」をデザインに昇華させるASUS

タブレットでもキーボード! 「ASUS TransBook TX300CA」

2013年6月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回から「市場に挑む『革新モノ』」という連載コラムをスタートする。これまで、1970年代に登場したソニーの「ウォークマン」や、2007年に登場したアップルの「iPhone」など、ライフスタイルを一変させる画期的かつ革新的な製品が数多く登場してきた。

 しかし、これらの製品も決してゼロから生み出されたものではない。徹底的な小型化であったり、ユーザーインターフェースや操作性の大幅な見直しなどによって、「音楽は家の中で聴くもの」「画面はタッチペンで操作するもの」といった従来の常識、既成概念を覆したことが「革新的」と市場に認知されたのだ。

 この連載では、そんな市場の常識に大胆に挑む製品やサービスに焦点を当て、「革新モノ」の萌芽を探っていく。最初に取り上げるのは、毎回、製品発表で「何これ?」と思えるような商品を繰り出す台湾の大手パソコンメーカー、ASUSTeK Computerのノートパソコンだ。

タブレット時代に登場した「Windows 8」

 国内では2011年から12年にかけてスマートフォンブームが到来し、13年4月には携帯電話契約者数のほぼ半数がスマートフォンへ移行した。現在は、アップルの「iPad mini」やグーグルの「Nexus 7」などを中心に、タブレット端末への注目が高まっている。

アップルの「iPad mini」
グーグルの「Nexus 7」

 仕事でExcelやPowerPointなどを使っており、Windowsパソコンが必須という人も多いだろう。しかしその一方で、利用はメールやWebの閲覧、動画再生などが中心の場合、タブレット端末で十分という人も増えている。ユーザーの意識の変化や、タブレット端末の品ぞろえの増加が、現在の人気を支えているのは間違いない。

コメント1件コメント/レビュー

私自身は13インチのノートPCとi-phone、それと読書用にKindleを所有している。タブレットの購入も検討したが、利用目的が特定出来ず、買わない事にした。タブレットの市場では当初の10インチ中心から、割安で使い易い7インチにシフトしている。スマホの液晶も、最近は5インチまで大きくなって来て、タブレットとの優位差が感じづらくなりつつある。今更PCから切り離した13インチのタブレットをどういう場面で使うというのか?その昔、2つ以上の機能を1つにまとめて成功した時代があった。「カセットデンスケ」である。その後カセット部分がCDに変わったり、或は追加されたりして時代の要請に応じていた。今、其れ等の機器は昔買った多くのカセットやCDを聞く為に少量売れているが、大勢はHDDやSDメモリー等にストックされる様になった。私自身もPC外付けのHDDに今後も聞く可能性のあるCDやDVDの曲を全て移した。写真も同様である。10年以上前から使い始めたデジタルカメラで撮った写真は全て同じHDDに収納されている。最近はすく数の企業が無償でクラウドメモリーを解放しているが、無償でのサイズは制限されていて写真や曲の全てを保存出来ないので自前のHDDを使わざるを得ない。電子書籍を読むには色付きの漫画本でもない限りe-inkは電池の持ちも良く、目も疲れ難いと感じている。「タブレットに変身する」PCに疑問を感じる次第である。(2013/06/18)

オススメ情報

「市場に挑む「革新モノ」」のバックナンバー

一覧

「合体、変形……「キワモノ」をデザインに昇華させるASUS」の著者

安蔵 靖志

安蔵 靖志(あんぞう・やすし)

IT・家電ジャーナリスト

ビジネス・IT関連出版社を経てフリーに。AllAbout「パソコン周辺機器」「iPad」などのガイドを務めるほか、KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私自身は13インチのノートPCとi-phone、それと読書用にKindleを所有している。タブレットの購入も検討したが、利用目的が特定出来ず、買わない事にした。タブレットの市場では当初の10インチ中心から、割安で使い易い7インチにシフトしている。スマホの液晶も、最近は5インチまで大きくなって来て、タブレットとの優位差が感じづらくなりつつある。今更PCから切り離した13インチのタブレットをどういう場面で使うというのか?その昔、2つ以上の機能を1つにまとめて成功した時代があった。「カセットデンスケ」である。その後カセット部分がCDに変わったり、或は追加されたりして時代の要請に応じていた。今、其れ等の機器は昔買った多くのカセットやCDを聞く為に少量売れているが、大勢はHDDやSDメモリー等にストックされる様になった。私自身もPC外付けのHDDに今後も聞く可能性のあるCDやDVDの曲を全て移した。写真も同様である。10年以上前から使い始めたデジタルカメラで撮った写真は全て同じHDDに収納されている。最近はすく数の企業が無償でクラウドメモリーを解放しているが、無償でのサイズは制限されていて写真や曲の全てを保存出来ないので自前のHDDを使わざるを得ない。電子書籍を読むには色付きの漫画本でもない限りe-inkは電池の持ちも良く、目も疲れ難いと感じている。「タブレットに変身する」PCに疑問を感じる次第である。(2013/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント