• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

シェールガス革命を引き金に世界一を奪還

米国風力発電の新潮流(1)

2013年6月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シェールガス革命によって米国の再生可能エネルギー(再エネ)、特に牽引役であった風力発電は失速したのだろうか。はたまたグリーン・ニューディールは終焉を迎えたのであろうか。

 実は、2012年の米国電源開発の主役は大方の予想に反して風力だった。一体何が起こったのか。今回から数回にわたり米国の最新風力事情を解説する。

米国風力の復活、累計で6000万kW超

 米国の風力発電導入量が史上最高を記録した。2013年度の設置量は1300万kWを超え、4年ぶりに中国から首位の座を取り戻した(資料1)。年間電源開発量全体の42%を占めたが、これは全ての電源中のNO1で、シェールガス革命に湧く天然ガス火力発電を上回った。300万kWの設置となった太陽光発電などを含む再エネ全体では56%に達した。

 ちなみに天然ガス火力は32%、石炭火力は14%である(資料2)。電源開発の観点では「風力革命」である。風力は累計でも6000万kWを超えた。

 2012年の風力発電投資額は、250億ドルに上った。第4四半期に64%が集中したが、同期の米国GDPの主たる押し上げ要因となった。当初+0.1%の予想だったGDP伸び率は+0.4%に上方修正された。非住宅部門が+5.8%から+16.7%へ著増し、電力セクターだけで増加の37%を占めた。まさに風力発電が経済成長を牽引した。

コメント7

「エネルギー 世界の新潮流」のバックナンバー

一覧

「シェールガス革命を引き金に世界一を奪還」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員