• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「韓中連合軍が怖くないのか」と肩をそびやかす韓国人

韓国の異様な行動を岡本隆司准教授と読む(3)

2013年6月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント12件コメント/レビュー

>将来の脅威は朝鮮半島の統一国家だと思います。>無理でしょう。口では統一統一言ってますが韓国自体そんな事は不可能であり、メリットなど無い事を理解しています。あそこまで経済規模や政治体制の違う国の合併など、お花畑に近い話だと思います。そもそも統一に必要とされる費用(数兆ドル)を捻り出す余裕などどちらにもないです。(2013/06/21)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「韓中連合軍が怖くないのか」と肩をそびやかす韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>将来の脅威は朝鮮半島の統一国家だと思います。>無理でしょう。口では統一統一言ってますが韓国自体そんな事は不可能であり、メリットなど無い事を理解しています。あそこまで経済規模や政治体制の違う国の合併など、お花畑に近い話だと思います。そもそも統一に必要とされる費用(数兆ドル)を捻り出す余裕などどちらにもないです。(2013/06/21)

非常に分かりやすかった。ジャイアン・スネ夫関係だと理解した上で、そこからどうするべきかを日本は考えるべきだろう。もっとも、作品中のスネ夫は強力な財力をバックに持っているキャラなので、その点を踏まえて現実に置き換える作業は必要だとは思った。スネ夫に財力がなかった場合、ジャイアンはどう振る舞うだろうか?(2013/06/21)

元寇のころの朝鮮・中国連合軍による侵略戦争の再現ーー脅しですか。韓国はそこまでしますかね。対馬あたりでは住民の手のひらに穴をあけて縄を通し数珠つなぎにして朝鮮半島に奴隷として連れ去ったと聞いている。日本人は朝鮮人の体に穴をあけて縄を通すような非人道的なことはしていない。歴史は双方向だ。一方的な歴史はない。中国と組んだ朝鮮はどんな悪事をするかわからない。日本の占領下では中国人に対して悪事をなした朝鮮人がいた。そのことで朝鮮人のすべてを非難できないにしても「間国家」として朝鮮の宿命か,何とも悲しい。その被害を今度は日本がまた受けることになるのかもしれない。(2013/06/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長