• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

海にプカプカ浮かぶ風力発電所、ただいま建設中

誰もが二の足を踏む巨大プロジェクトを即決で引き受けた

2013年6月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 福島県沖に世界初の浮体式洋上ウインドファームを造る――。東日本大震災から半年がたった2011年9月ころ、初めてこの巨大プロジェクトの構想を聞きました。正直なところ、最初の印象は「そんなことできるの?」「やる人いるの?」というものでした。

 日本は再生可能エネルギーについては後進国です。世界では、発電コストが安価な風車は再エネの中心。ところが日本に建っている風車の本数は少ないし、当時は着床式の洋上風力もほぼ皆無でした。

 それなのに一足飛びに、技術的にできるかどうかもわからない浮体式を福島県沖に建てるといいます。政府主導で原子力発電所事故後にふって湧いた巨大プロジェクトに、風車業界は及び腰でした。

 ですが、この巨大プロジェクトは、いままさに、現実のものとして進行しています。なぜでしょうか。丸紅の名物プロジェクトマネージャーが「俺がやってやる」と手を上げたからです。

 その人こそ、この連載の主人公である丸紅国内電力プロジェクト部の福田知史部長です。福田部長にお話をうかがいながら、巨大プロジェクトの進捗を追いかけます。連載第1回は、プロジェクトの始動秘話をお届けします。

(取材/構成:日経ビジネス編集部・山根小雪)

三井造船市原事業所のドックで出航を待つ風車と浮体(撮影:的野弘路)

 やっとここまで来ました。この巨大な風車の迫力、伝わるでしょうか?

この連載の語り手:福田知史(ふくだ・ともふみ)氏
丸紅・国内電力プロジェクト部部長として「福島復興 浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」を率いる。1986年4月丸紅入社、同年5月海外研修生として台北留学、87年6月国際業務部、92年4月 国際業務部からワシントン駐在。1997年4月から電力・インフラ部門へ異動、電力事業に携わる。2007年9月ジャマイカ・キングストン駐在、丸紅が出資する同国唯一の電力会社、Jamaica Public Service Company Limitedの会長として赴任。2011年4月国内電力プロジェクト部副部長、2013年4月から現職(撮影:丸毛透)

 この風車は、福島県沖に建設する浮体式洋上ウインドファームに持っていく実機です。巨大な浮体の上に、これまた巨大な風車を載せてあります。全長122メートル、羽根(ブレード)の直径80メートルの大きさです。ここは、三井造船の千葉事業所。日立製作所が開発したばかりの浮体用風車を運び込み、ここで三井造船の浮体にドッキングさせたのです。

 いよいよ6月28日には福島沖を目指して出発する予定です。約1キロメートルにもなる船団を組み、4日間かけて浮体式風車を引っ張っていきます。東京湾をこの風車が横断する様は、おそらくものすごくダイナミックな光景になるはずです<注>

<注>風車が東京湾を曳航する様子は次回以降でお伝えします

コメント14件コメント/レビュー

一言で言うと「凄い」です、正に日本の国威を示すプロジェクトと言っても過言ではないと思います。しかし今の時代に、この様な馬鹿でかいものが本当に必要なのでしょうか。私が住んでるタイ王国も海岸線が五千キロ有り、陸よりも海に風が有りますので、当然洋上発電を考える訳です。しかしこれほどの大きさとなると話が違います。長年に渡る維持管理や海上での種々の危険性を考えると、幾ら効率が良いと言われても、それだけでこれほど大きな物を造って良いのだろうかと言う疑問が湧きます。(2013/07/04)

「実録 福島沖・巨大風車プロジェクト」のバックナンバー

一覧

「海にプカプカ浮かぶ風力発電所、ただいま建設中」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一言で言うと「凄い」です、正に日本の国威を示すプロジェクトと言っても過言ではないと思います。しかし今の時代に、この様な馬鹿でかいものが本当に必要なのでしょうか。私が住んでるタイ王国も海岸線が五千キロ有り、陸よりも海に風が有りますので、当然洋上発電を考える訳です。しかしこれほどの大きさとなると話が違います。長年に渡る維持管理や海上での種々の危険性を考えると、幾ら効率が良いと言われても、それだけでこれほど大きな物を造って良いのだろうかと言う疑問が湧きます。(2013/07/04)

一応電気系労働者です。私は浮体式が無理だとは思ったことはありません。ただ、日本は海岸線から離れると、すぐに水深が深くなるので、漁業に影響しない沖合に配置させるとケーブル延長が長くなる(イコール太くなる、イコール送電コスト増)という問題が気になるのと、海底通信ケーブルもたまに切られる事故が発生する以上、電力ケーブルも切断を視野にいれる必要があります。大容量の送電ケーブルがとつぜん欠相すると、発電機の挙動が心配です。係留の問題も高コストでしょう。同じく浮体式で、海上保安庁はじめ沖合9キロ程度のところに複数のレーダービーコンと呼ばれる航行用無線標識システムがあります(大きさは水平数メートル、垂直10メートル程度です。)が、わずか9キロ(山手線東西幅ぐらい)沖でも水深50mを超えるのは当たり前なので、係留索は100m近くありますし、台風で流されて遠くへ行くという事態が数年に1度はあると聞いています。NOAAと契約して漂流先を把握することができるビーコンもあるとは聞きますが、当然回収には大型の外洋船を手配する必要があり、回収費用は大金が予想されます。新技術に挑戦するのは必要ですが、どうせ廃炉にしても数十年はかかりますから、当面は既設原発を再稼働することがもっとも安価で現実的なのですが。(2013/07/04)

漁業補償の話が少し出ていましたが、逆に浮き魚礁として良い釣り場になる、とかいう都合の良い事があればいいのですが(2013/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長