• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

117年振りに韓国を取り戻した中国

韓国がネギをしょって転がり込んだ中韓首脳会談(2)

2013年7月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 朴槿恵大統領の6月末の訪中で中韓関係は一気に深まった。注目すべきは両国が、安全保障と経済の関係強化に加え“人文同盟”も結んだことだ。「文化の同質性を手がかりに連帯を図る」と説明されるが、この「中韓協商」には冊封体制復活の臭いがする。

中国重視の“新思考外交”

 韓国研究者が今、注目しているのが「人文紐帯」という韓国語だ。6月27日発表の中韓共同声明でも「安保」、「経済」に続いて3番目に「両国間の人文紐帯の強化」がうたわれた。

 具体的には学術や伝統芸能の交流事業を実施するようだ。だが、なぜ専門の「交流共同委員会」を作るほど「人文紐帯」が重要なのだろうか。そもそも「人文」とは何を指すのだろうか。

 答えは朴槿恵政権がスタートする直前の東亜日報の記事「韓米が価値同盟なら、韓中は人文同盟」(2013年2月22日付)にあった。内容は以下の通りだ。

・米国との関係は市場経済や民主主義といった共通の「価値同盟」がベースにある。同様に中国とも、何かをベースにした確固とした同盟関係に引き上げる必要がある――と朴槿恵・次期政権は考えている。

・韓中両国は政治や経済、社会システムは大きく異なる。一方、歴史や文化、哲学を長い間、共有してきた。それだけに人文分野では通じるものが多い。

・そこで次期政権は「人文同盟」という概念をもとに、中国との協力を強化することを決めた。知らされた中国政府も歓迎した。

 荒っぽく解説すれば「これから中国重視政策に踏み出す。経済でも安全保障でも、米国よりも中国に助けてもらうことが多くなるからだ。ただ、60年間に及ぶ米国との同盟の下で、社会の仕組みはもとより価値観まで米国式になってしまっている。これでは中国を頼みとする“新思考外交”と齟齬をきたす。それを避けるため中国文化を再評価し、身を寄せるしかない」――と韓国人は考えたのだ。

中国の価値観を再び受け入れる

 「同盟」という単語は米国からの疑いを招くからだろう、次第に「紐帯」という言葉に置き換わった。しかし今や「人文」という言葉は毎日のように韓国紙に登場する。

 朴槿恵政権発足以降、韓国の大学やメディアが「人文紐帯」=「中国との共通の価値」を求め、相次ぎシンポジウムを開催しているからだ。

コメント14件コメント/レビュー

反日以外は随分簡単に扇動(洗脳?)されてコロッと意見変っちゃうんですねぇ。。。。 怖い、怖い。(2013/07/05)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「117年振りに韓国を取り戻した中国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

反日以外は随分簡単に扇動(洗脳?)されてコロッと意見変っちゃうんですねぇ。。。。 怖い、怖い。(2013/07/05)

中韓の人文紐帯は、日本人としても応援したい。日韓の文化的な断絶が進めば、今後は日帝残滓(笑)に苦しめられることもなくなるし、より純化した大陸文化に浸れるというものです。朝鮮半島における日本文化の影響を取り除くお手伝いは、日本の国家事業として取り組んでも良いくらいです。また米韓同盟破棄はぜひ一日も早く実現してもらいたいものです。この二か国間の腐れ縁が日本と中韓との関係をややこしくしているのではないでしょうか。南北朝鮮は中国に任せておいて、後は中国との話し合いだけで朝鮮半島のゴタゴタは片付くという構図にできれば、日本にとっては楽ですね。いずれも明確な反日国家・反日民族ですから、外交戦略も立てやすい。在日コリアンの待遇も、在日中国人の扱いに合わせて再構築(優遇策廃止)となれば言うことなしです。他の在日外国人にとっても不公平感がなくなるでしょう。(2013/07/05)

韓国が日本に対して見せる自尊心とは裏腹に、「凡人は支配されることを好む」を地で行くように中国にすり寄る姿、そのカギは国家の実利というよりも日本に対する嫉妬心にあるような気がします。ゆとりのあるお隣の家の生活が気になって仕方がなく、ママ友グループのボスに泣きついているところでしょうかね。(2013/07/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授