• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

風疹流行阻止のカギは企業

社員にワクチン接種を受けやすい環境を

2013年7月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京・浅草の南のはずれにある東横INN(イン)上野田原町駅店。そのエレベーターの中には、「風疹が流行中! その8割が男性!」と、宿泊客に注意を促し、ワクチンの接種を勧めるポスターが張られている。

従業員の大半を女性が占める東横インは、風疹への注意を呼びかけるポスターを掲示している(上野田原町駅店にて)

 全国に240を超えるホテルを構えるビジネスホテルチェーンの東横インでは、宿泊客の75%は男性だ。一方、8300人ほどの従業員の9割以上は女性が占めている。風疹は「三日ばしか」とも呼ばれ、普通は短期間で自然に治る病気だが、妊娠初期の女性が感染すると、眼や耳、心臓などに重い障害を持った「先天性風疹症候群」の子どもが生まれる可能性がある。

 そこで東横インは、昨年来の風疹の大流行を受け、女性社員を守るためにホテルが感染源となるのを防ぐ狙いで、全店舗にポスターを張り出して宿泊客に注意を呼びかけたのだ。

 併せて、グループ会社を含めた8500人の全社員を対象に、1万円前後かかる風疹ワクチンの接種費用の一部を補助する制度もスタートさせた。

 ほかに、インターネット広告大手のサイバーエージェントも、約3000人の正社員・契約社員を対象に、全額会社が負担して社内でのワクチン接種を実施し、8割の社員が受けたという。インターネット検索サービス大手のヤフーも、7000円を上限とした従業員に対するワクチン接種の補助制度を6月末まで設けていた。約4000人の社員のうち、約600人が利用した。

「健康経営最前線」のバックナンバー

一覧

「風疹流行阻止のカギは企業」の著者

井上 俊明

井上 俊明(いのうえ・としあき)

日経ヘルスケア編集委員

日経BP総研 中小企業経営研究所主任研究員。日経ヘルスケア編集委員などを経て現職。入社後25年近くにわたり、医療・介護分野を取材。1998年から5年間日経ビジネス編集部に所属し、税金、健康保険、年金などを受け持つ。2007年社会保険労務士登録。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長