• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

風力発電の騒音問題を世界はどう捉えているか

「WiFiシンドローム」を克服する米国

2013年7月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オバマ政権は、6月25日に「気候行動計画」を発表した。2020年までに温室効果ガスを2005年対比で17%削減する目標を堅持し、そのために就任第一期間で倍増させた再生可能エネルギーをさらに倍増するなどの施策をとる。

 米国でも再エネの主役は風力であり、毎年3割近い伸びを続け、昨年末では6000万kWを超えた。有力な電源として市民権を得つつある。膨大な潜在量がある、コストが低い、CO2を出さない、産業への波及効果が大きいなどの期待が高い。

 しかし、今後も普及し続けていくためには、風車が抱える課題を解明し克服していく必要がある。懸念材料の1つとして、騒音、影、景観などの問題がある。気分が悪い、眠れないと訴える住民が少数だが存在し、それを公的に訴える事例が出てきている。

 風車の存在、特にその騒音と気分がすぐれないことをセットで考える風潮も生じている。日本でも最近話題になってきているが、普及が先行した海外でも過去に経験した現象である。今回は、こうした風車と健康問題について海外ではどのように捉えられているのかを、アメリカの例を中心に紹介する。いずれも風車の騒音問題は心理的なものであるという内容である(資料1)。

薬副作用思い込み効果

 ウェブ上で科学情報を提供する米国の「ディスカバーマガジン」に、しばしば興味深い記事が掲載される。2013年3月3日付けでは心理学者が、2012年10月23日付けで科学ジャーナリストが記載したレポートを紹介する。

 スマートフォンなどの普及に伴い、電磁波による体調悪化の訴えが増えている。無線LANのWiFiが発する電磁波は、人間の細胞に影響を与えることはないが、実際に気分が悪くなる人がいる。PCやTVに関してはこうした訴えは少ない。これは心理的問題であり「WiFiシンドローム」あるいは「エレクトロスモッグ」と称される。

 米国の心理学者は、テレビ番組にて次のような実験を行った。ランダムに参加者を集めて、WiFiを拡張させていく。15分間で約半数が気分を悪くなったと言い、うち2人は途中でリタイヤした。実際は、WiFiを流していなかった。

 これは、典型的な「ノセボ効果(Nocebo Effect)」である。全く効かない薬でも、効くとの思い込みにより副作用が出てしまう効果である。「薬を飲むと必ず副作用が出る」と副作用を心配しすぎて、必要以上に悪い作用が増強されてしまうことがある。シックハウス、シックビルティングもノセボ効果が大きいといわれる。

コメント6

「エネルギー 世界の新潮流」のバックナンバー

一覧

「風力発電の騒音問題を世界はどう捉えているか」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授