• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

担当すっぽかし。傷心で手繰る絶品「きざみ鴨せいろ」

立ちそば10食目・「M庵」の巻

2013年7月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 JRの駅を回り込んで走る都電の線路脇にある商店街。迷路みたいに入り組んで、くねくねと曲がる道に連なる、魚屋、和菓子屋、青果店…。昭和の猥雑さを色濃く残すこの一角に、本日の潜入捜査対象の立ちそば店、「M庵」はありました。

 旅先で、ふらりと立ち寄るみたいに暖簾をくぐりたくなる佇まいの「M庵」。しかし、今お店に入るわけにはまいりません。Y氏をお待ちしなくては。

 二十世紀で時が止まったみたいに、在りし日の姿をそのまま残した旅情感いっぱいの界隈。ここが23区山手線の内側、しかも山手線の駅前だなんて信じ難い!

 こういう場所なら人を待つのも楽しい。

 <20分経過>

 しかし、…来ない。
 いつも、多少は待つものなのだが、しかし!

 …30分たってもY氏は来ず。
 もしや!?と思い電話をしてみると、

Y氏:すみません、今日は予定が入ってましたか。オレ、昨日新宿で飲んでまして。そこにスマホをうっかり忘れてしまいまして。スマホでスケジュール管理をしてまして。つまり、私の今日の予定はこれからスマホを受け取りに行って、充電してからでないと分からないのです…。

Y氏:せっかくなので「M庵」でおそばをご試食頂いて今日のところは…。

:そこではける(撤収する)っていうことですか?

Y:すみません、今新宿なんですが、自分のこの先の予定が今はわからないので。こんな事になってごめんなさい。

 限りなく、すっぽかし…。
 スマホを忘れたなんて嘘。きっと、突然重要なアポが入ったんだ! 

 だって、そもそも忙しいY氏。小娘のノロノロ食べる立ちそばにつき合うなんて、御免だわよね(いつも早くそばを食べ終わって、ものすごくイライラしながらなかなか食べ終わらないイトウを見ていたもの)。「こんな女のアポならぶっちしてもいいや」…そう思われても仕方ないんだわ、私みたいな愚図…!

コメント7件コメント/レビュー

現在海外に単身赴任中です。ときどき日本そばが死ぬほど恋しくなります。
この連載は大好きで日本にいるときも愛読していましたが、今でもたまに読みに来るのはこの回です。Y氏のすっぽかしも面白いんですが、後半の盛り上がりは特に笑えます。大好き。
そばだけではなく、周辺に集う人間と文化をぜひ今後も面白く描写してください。期待しています。(2016/07/07 16:42)

「ワンコイン・ブルース」のバックナンバー

一覧

「担当すっぽかし。傷心で手繰る絶品「きざみ鴨せいろ」」の著者

イトウエルマ

イトウエルマ(いとう・えるま)

イラストライター

北海道室蘭市生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。イラストルポなどを中心にお仕事しております。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現在海外に単身赴任中です。ときどき日本そばが死ぬほど恋しくなります。
この連載は大好きで日本にいるときも愛読していましたが、今でもたまに読みに来るのはこの回です。Y氏のすっぽかしも面白いんですが、後半の盛り上がりは特に笑えます。大好き。
そばだけではなく、周辺に集う人間と文化をぜひ今後も面白く描写してください。期待しています。(2016/07/07 16:42)

外資系55歳男性です。毎回楽しく拝読させていただいています。私は関西出身ですのでうどん派です。神田に単身赴任で住んでいたころはいろんな立ち食いそばを試しました。でも今でも脳裏に焼きついているのは渋谷にある出身大学の正門脇で学生時代に毎日食べた立ち食いそばの味です。今は新校舎が建ってお店はありませんが青春の味なんでしょうね。なお大阪では、どちらかと言えば立ち食いうどんです。それも『都そば』か阪急電車の駅にある『阪急そば』がその代表格です。街中にある『都そば』は、そばという店名のわりにはうどんがメインです。名俳優の高倉健さんが映画『ブラックレイン』の撮影時にこの『都そば』でうどんを食べて日本一美味しいとコメントを残したそうです。私は『きざみうどん』という油揚げを細く切ってうどんにのせるメニュ-が大好きです。東京にも進出すれば受けると思いますが・・・なお現在は仕事の関係で名古屋に住んでいますが、この地方では新幹線ホ-ムにある『きしめん』しか立ち食い店舗はありません。寂しい限りですね。(2013/08/02)

今日、たまたまお昼に渋谷に用があったので、連載第1回の「蕎麦・冷麦S」に行って来ました。2台ある券売機の前で「はて、イトウさんがここで頼んだお蕎麦って何だったっけ?」と悩んでいると、お客さんが一人やってきたので、自分は奥の券売機に移動し、さらに悩み続けようとしていたら、さらに二人お客さんがやってきたため、あわてて親子丼ともりそばのセットを注文。とりあえずひと安心して座席を確保し、待つほどの間もなく呼ばれ、受け取ったもりそばを見て、しばし目が点に。。「しまった!」「細麺の指定をするのを忘れた!!」(次回に続く)       いや、続きませんがね。しかし担当Yさん、この記事の脱稿って入院前ですよね?頼れる担当を失ったイトウさんが、今後どのように“ひとり取材”を続けていくのか、ますます楽しみになってきました。とはいえ、お早い復帰を願っておりますよ。退院したらきざみ鴨せいろでも食べてご自愛ください。  R(2013/07/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長