• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中国傾斜」が怖くなり始めた韓国

韓国の識者が語る韓国人の本音(1)

2013年7月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の識者からメールが寄せられた。「韓国の中国傾斜には歯止めがかかる」との意見だ。さっそく話を聞いた。以下は、匿名を強く希望する、このA氏との会話である。

対中傾斜に「ちょっと待てよ」

A:鈴置さんの日経ビジネスオンラインの記事を毎回読んでいます。「韓国が中国にどんどん引き寄せられる」との視点で書かれた一連の記事はとても面白い。実際にその通りですし、にもかかわらず、韓国の新聞はこれほどはっきりと書かないからです。

 ただ、ソウルの空気の微妙な変化にも留意すべきと思います。6月末の訪中時に朴槿恵大統領は大歓迎されました。それを見て韓国人は有頂天になりました。

 でも時間がたつにつれ、朴槿恵政権の対中傾斜に「ちょっと待てよ」というムードが生まれたのです。まず、朴槿恵政権と距離を置く東亜日報が、過度の対中接近を警戒する記事をいくつか載せました。

鈴置:代表的な記事が7月1日付の、北京特派員の書いたコラム  「韓中関係は易交難深――交わりを始めるのは簡単だが深めるのは難しい」ですね。

「韓中首脳会談で我が国は中国の掌の上に乗ってしまったのではないか」との懸念の表明でした。ほかの新聞が「朴槿恵訪中で韓中関係は蜜月時代に入った。北朝鮮を封じ込めた」と“提灯行列状態”なのに比べ、冷静な書きっぷりが印象に残りました。

東亜日報が代弁した不安

 この記事が問題にしたのは、両首脳の共同記者会見で朴槿恵大統領が語った「朝鮮半島の非核化」です。韓国政府はこの文言を「韓中両国が北朝鮮に対する核兵器の放棄要求で合意した」との意味と説明し、誇りました。

 しかし、この記事は「これにより、米国の核の傘からの離脱を韓国が約束したことにもなりかねない」と鋭く指摘したのです。参考になりました。

 ムードに流されずちゃんと書いているな、と思ったのが「我々が信頼を語っている時に、中国は冷静に利己的に国益を計算しているかもしれない」と激しく警鐘を鳴らした部分です。

A:この記事は多くの韓国人の不安を代弁しています。東亜日報は前の李明博大統領と極めて近かった反動もあり、現政権に批判的です。

鈴置:韓国メディアは5月の米韓首脳会談と合わせ「朴槿恵外交は大成功だ。米中双方といい関係を築きくことで状況をコントロールできるようになった」というノリで書いています。

 ミサイル防衛(MD)などを巡り米国との間にも相当な齟齬をきたしました。韓国の米中天秤外交に関しては当然、米国も苦々しく見ていると思うのですが……(「日本との関係を悪くしたい韓国、良くしたい北朝鮮」参照)。

コメント14件コメント/レビュー

どういう筋の人物か匿名なのは残念だが、言われてみると納得できる部分も大きい。鈴置氏も過去の連載内容と食い違う部分がある見解に対しても真摯に接しているようであり、今後がさらに楽しみになった(2013/07/18)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「中国傾斜」が怖くなり始めた韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どういう筋の人物か匿名なのは残念だが、言われてみると納得できる部分も大きい。鈴置氏も過去の連載内容と食い違う部分がある見解に対しても真摯に接しているようであり、今後がさらに楽しみになった(2013/07/18)

仄聞するところ、韓国は戦時指揮権の返還時期の延期をアメリカに申し出たとか。中共への傾斜に微調整をかけてきたと思われます。(2013/07/18)

かの国にも冷静に判断できる方がいて安心しました。日本は中国の本心を見て安倍政権で日米関係が自国の安全保障の機軸であることを鮮明にしました。日本よりも国力の劣る、そしてさらに北朝鮮という不安定要素を持つ韓国にとって、米中を秤にかけるような、または両方のいいとこ取りを狙うような外交は所詮一兎も得ず。ならば自由主義と一党独裁のどちらに頼るべきか明らかなはずなのに、中国にすり寄る姿は、例え日本憎しの反動であったとしても理解に苦しみます。そしてこれを何時でもリセットできると思っているなら、やがて大きなツケを払うことでしょう。(2013/07/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授