• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

えっ、こんなものが東京湾を通るの?

喫水32メートルで航行、海に浮かぶ変電所が福島沖に到着

2013年7月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月15日、前回取り上げた風車に続いて、海に浮かぶ変電所が現地入りしました。ウインドファームを建設する福島沖約20キロメートルの地点に到着したのです。正確には、浮体式洋上変電設備(サブステーション)といい、変電設備のほか気象や海象の観測設備、緊急用ヘリデッキなどを備える、この実証研究事業の要になる施設です。風車が発電した電気は、サブステーションで電圧を整えてから、海底ケーブルを通して陸地に送られます。

 丸紅国内電力プロジェクト部の福田知史部長とともにプロジェクトの進捗を追う連載の3回目は、サブステーション曳航の裏話をご紹介します(今回は担当デスクの田中が山根記者の代理で案内役を務めます)。

(取材/構成:日経ビジネス編集部・田中太郎、撮影:村田和聡)

 こんにちは、3度目の登場になる丸紅の福田です。最初に本音を打ち明けてしまうと、今年実施する一連の作業の中で一番ヒヤヒヤしたのが、今回のサブステーションの曳航です。

ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所磯子工場を出発した浮体式洋上変電設備(サブステーション)。頂上部から最底部までの全長は111メートルある

東京湾史上初?喫水32メートルの構造物

 というのも、前回の風車の曳航よりも技術的にはるかに難しいからです。三井造船から風車を曳航した時の喫水(水面から船底まで)の深さは10メートルでしたが、今回は32メートル。それが東京湾を通るのです。

 例えば、浦賀水道を通る船は喫水が26メートルまでと制限されています。喫水が32メートルあるサブステーションは浦賀水道をはずして航行するしかありません。

 こんなに喫水が深いものが通過するのは、おそらく東京湾史上初めてのことでしょう。最初に海上保安庁に相談した時に、「こんなものを通すのか」と叱られたほどです。

コメント2

「実録 福島沖・巨大風車プロジェクト」のバックナンバー

一覧

「えっ、こんなものが東京湾を通るの?」の著者

田中 太郎

田中 太郎(たなか・たろう)

日経エコロジー編集長

1990年早稲田大学卒業、日経BP社入社。「日経レストラン」「日経オフィス」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」「日経エコロジー」「ECO JAPAN」などを経て2014年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官