• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界初の9段オートマを開発

独ZFが狙うCVT大国ニッポン

2013年7月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今秋、ある日本の大手自動車メーカーが北米で新型車を投入する。このメーカーにとって最高級のモデルに、世界で初めての技術が搭載される。それが、9段の自動変速装置(オートマティック・トランスミッション)だ。

 開発したのは、ドイツの大手自動車部品メーカー、ゼット・エフ・フリードリヒスハーフェン(ZF)。

 ZFの会社の名前は、独ボッシュなどに比べて日本ではそれほど知られていないが、売上高174億ユーロ(約2兆2900億円)で世界のトップ10に入る。変速機やサスペンションに強いサプライヤーとして欧州では有名な存在だ。

 そのZFが開発したのが、9段自動変速装置「9HP」だ。よりきめ細かなギアの切り替えと制御により、従来の6段自動変速装置と比べて燃費を10~16%削減した。

ZFが開発した9段自動変速装置「9HP」

 クルマにとって、変速装置は、エンジンやサスペンションなどと並ぶ基幹部品。クルマの走行性能や個性を決定づける存在であるため、日本の自動車メーカーは自社内や系列の部品メーカーで開発を手がけるのが一般的だ。その「心臓部」を、ZFは切り崩すことに成功した。日本の自動車メーカーの乗用車が、ZFの変速装置を採用するのは初めてのことだ。

コメント3件コメント/レビュー

部品点数が少なく、軽量(燃費面で有利)でコスト面でも優位なCVTが、なぜ欧州でも後進国でも普及しないのか?なぜ欧州発祥のCVTが、欧州ではなく日本で市場占有率が高いのか?に対しての考察が全くありません。 一般地方新聞レベルの内容でがっかりです。 後進国では道路事情が悪く、収入比でガソリン価格が高いため、今だマニュアル車が売れています(弊社ではその部品を加工しています)。CVTは高負荷環境での使用には向かず、耐用走行距離も10数万kmがせいぜいでしょう。日本のように路面状態がよく、信号が多く急発進や急加速をしなくなった国とは使用環境が違うのです。(2013/07/24)

「部品創世記 外典」のバックナンバー

一覧

「世界初の9段オートマを開発」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

部品点数が少なく、軽量(燃費面で有利)でコスト面でも優位なCVTが、なぜ欧州でも後進国でも普及しないのか?なぜ欧州発祥のCVTが、欧州ではなく日本で市場占有率が高いのか?に対しての考察が全くありません。 一般地方新聞レベルの内容でがっかりです。 後進国では道路事情が悪く、収入比でガソリン価格が高いため、今だマニュアル車が売れています(弊社ではその部品を加工しています)。CVTは高負荷環境での使用には向かず、耐用走行距離も10数万kmがせいぜいでしょう。日本のように路面状態がよく、信号が多く急発進や急加速をしなくなった国とは使用環境が違うのです。(2013/07/24)

ギア・タイプとベルト式無段・タイプのメリット・デメリットを、筆者なりに少しだけでもコメントしていただきたかった。(2013/07/24)

CVTが日本では受け入れられ、海外では受け入れられない理由があるのでしょうか? 燃費を良くするには、小型車はCVT、大型車は多段化、という方向で住み分けが行われるように思うので、CVTはガラパゴス化というのは当たってないような気がするのですが . . . それとも、ZFの九段は驚異的な軽さと小ささでCVTと直接競合するものなのでしょうか?(2013/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授