• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

セールは「後ろ倒し」どころかどんどん早くなっている

6月初旬に「プレセール」が常態化

2013年7月31日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年夏から、三越伊勢丹ホールディングス(HD)とJR東日本グループのファッションビル、ルミネが突如として「セール後ろ倒し」を叫んでいる。それによって、実際、何か業界に対して好影響があったのかというと、身の回りで取材している限り、そんな声は聞かない。今夏のルミネのセールは7月12日、三越伊勢丹HDのセールは7月17日の開始となったのだが、実際のところセール後ろ倒しがこの先、根付くとは思えない。

 6月3日の月曜日に、心斎橋筋商店街と天王寺にあるショッピングセンター「あべのマーケットプレイス キューズモール」(以下キューズモール)をリサーチしに行った。別に買いたい物があったわけではなく、セール前の様子を知りたかっただけである。

6月3日に既に半分の店が「セール」

 館内を巡って驚いた。というのも、キューズモールのテナント店舗の半数近くが「プレセール」を打ち出していたからである。

 近年のアパレルショップは夏冬の本格的なバーゲンセールの前に、プレセールを行うことが常態化している。夏冬のバーゲンセールでの値引きが半額だとすると、プレセールは30%オフといった場合が多い。

 次に心斎橋筋商店街に移動し、南北に歩いて両サイドのショップを見てみたが、ここでも目算で4割から半数弱のショップがプレセールを開催していた。

 驚いた理由はその時期の早さである。6月3日の時点でのプレセール開始は、昨年に比べて10日から2週間程度早い。これまでの夏のバーゲンセールのスケジュールなら、6月末から夏のバーゲンセールが始まり、その2週間ほど前の6月10~15日ごろからプレセールが始まっていた。

 たしかに春夏の衣料品は、ゴールデンウィークが終わるとピタリと売れ行きが止まる。数年前まで、夏のバーゲンセールは7月初旬だったから、セール待ちの買い控えで、6月はもっとも売れ行きの鈍る月の1つだった。そこでショップ・メーカー側も6月の販促を目的として中旬ごろからプレセールを開始するようになっていった。

 筆者の体感であるが、6月3日の時点で半数近くの店がプレセールをしているのは例年と比べても異常事態だと言えるだろう。今回の件について、ファッションスナップドットコムで、ファッションジャーナリストの宮田理江さんが以下のように書いている。

先行セール、フライングセール、うっかりセール?早期化する値下げ合戦
 百貨店の夏バーゲンセールは今年も開始タイミングが2つに分かれたが、実はファッションビルやセレクトショップでは、もっと早くからセールを始める傾向が強まっている。「うっかりPREセール」や「フライングセール」など、時期を間違ってしまったかのようなネーミングでスタートを大幅に前倒し。百貨店バーゲンの需要を先食いしてしまうかのような先行セールを、6月10日以前から仕掛けるところが相次いでいる。マガシークやアマゾンジャパンなどのネット通販大手も時期を繰り上げていて、今やバーゲンは梅雨時に最初のピークを迎えるようになってきた。

コメント0

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「セールは「後ろ倒し」どころかどんどん早くなっている」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック