• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍首相がなかなか消費増税を決めないワケ

財務省の増税願望と、リフレ派に広がる慎重論の相克

2013年8月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 消費税率の引き上げを巡る議論が激しさを増してきた。安倍晋三首相は「経済状況を見極め判断する必要がある」と繰り返し表明、10月頃まで最終判断しない姿勢を崩していない。判断先送りは参議院選挙での争点化を恐れてのことと見られていたが、参議院選挙で大勝した後も明言を避けている。

 首相周辺の「リフレ派」ブレーンが増税による景気への影響を懸念する発言を繰り返していることから、安倍首相が増税慎重論に傾いているのではないか、という見方も広がっている。一方、財務省は何としても悲願の増税を予定通り実施したい考え。麻生太郎副総理兼財務相なども予定通りの引き上げを支持している。今後、政権内でも立場の違いが鮮明になってくる見通しだ。

最終決断は10月に

 7月27日、訪問先のフィリピンで記者会見した安倍首相は、財政再建のための中期財政計画を8月に策定すると明言したが、その際、「消費税引き上げを決め打ちするものではない」と語った。財政計画を作る段階で来年4月の増税を織り込めば、10月を待たずに増税にゴーサインを出すことになる。そうはせずに、あくまで最終判断は10月にするということを強調したのである。

 消費税は2014年4月に現行の5%が8%に引き上げられ、2015年9月に10%にすることが決まっている。民主党政権が自民党・公明党との3党合意によって成立させた「社会保障・税一体改革関連法」に時期と税率が明記されている。

 ただ、法律には「景気条項」と呼ばれる附則が付いており、「経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる」と書かれており、その判断を下すのが10月と言われているのだ。附則には「施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認」することが明記されている。

コメント18件コメント/レビュー

消費税云々する前に「益税 」なる事業者に拠る税金のピンはね防止策はどうなったのか。民主党はインボイス導入で防止すると唱えていたがうやむやに。マスコミもほとんどこの「益税 」なるピンはね、着服という犯罪行為を問題にしようとしない。財務省の欠陥徴税システムを放置して、御用学者や御用新聞社が「他国対比税率が低いので上げるべし」との論調を国内に 定着させようとの陰謀はいつまで続くのか。国民よ財務省の洗脳に目覚めよ、と言いたい 。日本にはきちんと分析できる識者はいないのか。黙々と 真面目に働いている だけではダメ。行動しようではないか。 (2013/08/11)

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「安倍首相がなかなか消費増税を決めないワケ」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

消費税云々する前に「益税 」なる事業者に拠る税金のピンはね防止策はどうなったのか。民主党はインボイス導入で防止すると唱えていたがうやむやに。マスコミもほとんどこの「益税 」なるピンはね、着服という犯罪行為を問題にしようとしない。財務省の欠陥徴税システムを放置して、御用学者や御用新聞社が「他国対比税率が低いので上げるべし」との論調を国内に 定着させようとの陰謀はいつまで続くのか。国民よ財務省の洗脳に目覚めよ、と言いたい 。日本にはきちんと分析できる識者はいないのか。黙々と 真面目に働いている だけではダメ。行動しようではないか。 (2013/08/11)

コメント欄の方にも財務省の手先がいるのでしょうか?(笑)IMFで日本に注文を付けている人は財務省の方ですし、消費税増税を行えば税収が落ち込み、国債のGDP比はさらに悪化します。もしデフレのまま増税して2年後に税収が伸びるのであれば腹を切ってもいいです。更に、日本の場合、国の借金は実質上は国民の貸金ですから相殺して考えるべきでしょう。子孫にハード・ソフト両面のインフラを残せない方が大罪です。そのためにも、消費税は先延ばしにするという決断を早期に行うべきでしょう。(2013/08/09)

打ち出した日銀金融政策の動向、適否を見据えないと消費税増税は安倍コベ(アベコベ)になるんじゃないかなー?浜田先生の御高説の金融政策も所詮「期待」に胸ふくらませる、博ちでもあるんですから。このゲームは相手のフェイスも良く見抜かないといけない、高度なギャンブルです。決して煽てられて勝負すべきではありません。(2013/08/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長