• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

僕がいっさい図面を見ないから、代官山 蔦屋書店ができた

カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役社長・増田宗昭さん(1)

2013年9月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本製のモノが、サービスが売れない。性能はいいのに。機能も充実しているのに。壊れないのに。親切なのに。多くの日本企業が直面している、「いいモノをつくっているのに売れない」問題。

 なぜ、売れない? それは、日本製品の多くが、かっこよくないから。美しくないから。カワイくないから。気持ち良くないから。つまり、デザインがなっていないから。

 どうして、デザインがなっていない? それは、経営者がデザインのことをわかってないから。つまり、経営者が「ダサい」から。だから、デザインをマネジメントできない。

 経営者がダサいと、日本企業はつぶれる。では、どうすれば、デザインをマネジメントできるのか? どうすれば、かっこいいを、美しいを、カワイイを、気持ちいいを、商品化できるのか? どうすれば、ダサい経営から、デザインできる経営に転換できるのか? ifs未来研究所所長の川島蓉子が、時代を切り開く現役経営者やデザイナーにずばり切り込んで、その答えを探ります。連載第1弾はカルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役社長・増田宗昭さんにご登場いただきます。

川島:増田さん、この連載のタイトルは『ダサい社長が日本をつぶす』なんです。

増田:うわ、いきなり、おっかないタイトルだ。僕で、いいの?(笑)

川島:もちろん! 日本の企業がつくるものって、最近かっこいいものが本当に少ないじゃないですか。性能はいい。つくりもいい。なのにデザインがぱっとしない。元気がない。なぜだろう、って考えたら、実は経営者がダサいからなんじゃないの? と思い至りまして。そこで「かっこよさ」をビジネスで体現するにはどうしたらいいのか、「かっこいい社長」に秘訣を聞いていこうというのが、この連載の趣旨です。

増田:それ聞いたら、ますます自信がなくなってきた。

川島:何言っているんですか。増田さんがつくった代官山の蔦屋書店(2011年12月オープン)、ものすごくかっこいいじゃないですか?

(写真提供/カルチュア・コンビニエンス・クラブ)

増田:それはおおきに(笑)

川島:本屋さんが「かっこよく」、「きもちいい」っていうのは、ありそうでなかったコンセプトです。日本の企業って、どうも「かっこいい」ということを低く見ていた気がするんです。しょせん外見じゃないの、と。

増田:男は見た目じゃない、中身だ、と。

川島:それと同じ。でも、そんなマッチョな発想が、日本の製品やサービスから、かっこいいとか、きれいとか、素敵をなくしちゃったと思うんですよね。今売れているモノやサービスは「かっこいい」ものが多いのに。

増田:なぜ日本の企業がダサいのか。なぜ日本の社長がダサいのか。僕、一発でわかりますよ。

コメント4

「「ダサい社長」が日本をつぶす!」のバックナンバー

一覧

「僕がいっさい図面を見ないから、代官山 蔦屋書店ができた」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長