• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「強権の首相よ恥を知れ、建国の父は泣いている!」

ルポルタージュ・イスタンブール騒乱

2013年9月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月21日と22日、記者はトルコ最大都市・イスタンブールを訪れた。向かった先は、新市街と呼ばれるエリアの中心に位置する「タクスィム広場」。そこは当時、世界が最も注目する場所の1つだった。

 反政府デモと警官隊の激しい衝突が続いていたためだ。

 5月下旬、きっかけはささいな出来事だった。この広場に隣接する「ゲジ公園」の開発に対して、ある市民グループが反対運動を続けていた。開発に着手すべく、政府はこれを実力行使によって排除した――。どこにでも転がっていそうな話だ。だが、この政府の強硬な姿勢が、一部市民の鬱積していた不満に火をつけた。

 怒れる市民がタクスィム広場に集結したのに対して、エルドアン政権はあくまで強硬な姿勢で臨んだ。反政府デモ隊と化した市民は火炎瓶を投じ、警官隊は催涙ガスと放水で応じた。対立は激化し続け、しかもトルコの地方都市にまで波及した。それでもなお、エルドアン首相は「反・反政府デモ」の集会を開くなど、強気の姿勢を崩そうとしなかった。

 デモ隊と警官隊が衝突する映像が世界に配信された。トルコ全土で、多数のけが人と、少なくとも4人の死者が出た。記者がイスタンブールを訪れた6月下旬は、その余熱もいまだ冷めやらぬ頃だった。

直立不動の100人余り

 6月21日、13時30分過ぎ。雲一つない晴天だった。タクスィム広場にデモ隊の群衆はない。ただ数十人の市民がいるばかりだ。肩すかしを食らったような気分になりつつ、広場を歩いてみる。だが、どうも奇妙だ。そこにいる人たちが、ぴくりとも動かないのだ。

タクスィム公園に立ち尽くす人たち

 初め、何かのイベントが開催されるのを待っている人たちなのかと思った。だが、それにしても、無言で直立不動、前を見据えて微動だにしない姿は奇妙としか言いようがない。

 多くの人の足元には水の入ったペットボトルが置かれている。日陰のない広場の気温はじりじりと上がっており、脱水症状を防ぐための給水用だろう。気まぐれでなく、長丁場になることを覚悟したうえで立っているのだ。そうした人たちが100人近くはいただろうか。

その数、数十人か、100人を超えていたかもしれない

 記者は何人かにその意図を尋ねた。ある人は、広場に隣接するゲジ公園――そもそも反政府デモが起こったきっかけになった開発計画のある公園――を指差して答えた。「あれが理由だよ」。

コメント4件コメント/レビュー

私は世俗化の進んだトルコでのイスラム化の動きも、歴史的な観点から捉えれば一つの潮流でないのかと思います。アタチュルクの時代のカリフの政経分離という必然が、トルコにとって未来永劫普遍性を持つとは誰も断言できないでしょう。長い歴史の中では様々な寄り戻しがあるのでは。「世界のあらゆる人々は自由を求め、宗教や習慣といった個人の行動を縛る社会的制約は経済の発展とともに力を失い、政治的には民主主義が根付いていく」とい現代の西欧社会で普遍的と考えられていた社会変革のプロセスは、昨今の西欧社会の衰退、新興国が必ずしも民主主義へ移行しないこと、また独裁を打倒した国が弱肉強食社会に回帰し返って混乱していることから見ても、必ずしも真実とは言えません。中国では政治や信教の自由が保障された西欧のような社会は返って国に混乱をもたらすと考える国民が8割を超え、事実強権政治が続いていますが、日本の特に大手メディアはほとんど批判的に伝えませんね。「権力が悪でか弱い庶民は善」といった昭和的階級闘争視点ではなく、この記事にもっと深い洞察があれば良かったと思います。(2013/09/25)

「イスラム・パワー」のバックナンバー

一覧

「「強権の首相よ恥を知れ、建国の父は泣いている!」」の著者

池田 信太朗

池田 信太朗(いけだ・しんたろう)

日経ビジネスオンライン編集長

2000年に日経BP入社。2006年から『日経ビジネス』記者として、主に流通業界の取材に当たる。2012年『日経ビジネスDigital』のサービスを立ち上げて初代編集長、2012年9月から香港支局特派員、2015年1月から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は世俗化の進んだトルコでのイスラム化の動きも、歴史的な観点から捉えれば一つの潮流でないのかと思います。アタチュルクの時代のカリフの政経分離という必然が、トルコにとって未来永劫普遍性を持つとは誰も断言できないでしょう。長い歴史の中では様々な寄り戻しがあるのでは。「世界のあらゆる人々は自由を求め、宗教や習慣といった個人の行動を縛る社会的制約は経済の発展とともに力を失い、政治的には民主主義が根付いていく」とい現代の西欧社会で普遍的と考えられていた社会変革のプロセスは、昨今の西欧社会の衰退、新興国が必ずしも民主主義へ移行しないこと、また独裁を打倒した国が弱肉強食社会に回帰し返って混乱していることから見ても、必ずしも真実とは言えません。中国では政治や信教の自由が保障された西欧のような社会は返って国に混乱をもたらすと考える国民が8割を超え、事実強権政治が続いていますが、日本の特に大手メディアはほとんど批判的に伝えませんね。「権力が悪でか弱い庶民は善」といった昭和的階級闘争視点ではなく、この記事にもっと深い洞察があれば良かったと思います。(2013/09/25)

歴史上幾度も宗教は争いの原因となって来た。仏教も、キリスト教もヒンドゥー教なども連外でなかろう。しかし、宗教自体から発して戦争を招いたと言うよりも、政治、権力抗争、権力者の領土抗争に宗教が利用されたないしは、宗教者が便乗したことが主な原因だろう。心の支えを宗教に得ていたがゆえに民衆は戦いに駆り出されざるを得なかった。現代でも宗教は権力と結びついているが、それがどれほどの悲劇を生んできたか誰も知らないはずがない。その過ちをこれ以上繰り返さぬよう宗教と政治の関わりは慎重に扱われなければならない。(2013/09/24)

素晴らしい記事です。ご指摘の通り、トルコの国民は一枚岩ではなく、インテリ・富裕層=無宗教あるいは宗教を軽蔑、中下層=熱心なムスリムの傾向があります。若い人が多く、伸び盛りの国だと思っていたのですが、こんな時代錯誤な騒動が続いて残念です。(2013/09/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長