• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今、一番ダメな経営とは、「効率を求める」こと

カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役社長・増田宗昭さん(3)

2013年9月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

増田:最近よくいろんなところで話すんです。「効率を求めたら、効率は実現できない」って。

川島:どういう意味ですか?

今一番欠けているのは「需要を科学すること」

増田 宗昭(ますだ・むねあき)
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社代表取締役社長兼CEO
1951年生まれ。大阪府枚方市出身。83年、「蔦屋書店(元・TSUTAYA枚方駅前本店)」を創業。85年、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)株式会社設立。2011年12月、大人たちに向けた新しい生活提案の場として、東京・代官山に「代官山 蔦屋書店」をオープン。TSUTAYAやTカードなど「カルチュア・インフラ」を創りだす企画会社の経営者として、奔走している(撮影/大槻純一)

増田:昔はモノがなかったでしょ。モノがなかったときはモノを作れば売れるわけです。作れば作っただけどんどん売れる。さらに売り場を広げれば、それだけ売れる。つまり需要と供給のバランスでいうと、需要の方がはるかに大きかったんですね。高度成長期が終わるまではそうでした。そんなとき、企業は何を考えるか? 需要=お客さんは最初からいるわけだから、より効率的に作ること、より効率的に売ることを考える。効率を上げれば利益率が高くなって、より儲かるようになる。

川島:つまり「効率」が商売と直結していたわけですね。

増田:けれども、モノが市場に行き渡ってしまった今は違うでしょ。みんなモノを持っているわけです。需要と供給の関係は逆転して、供給が圧倒的に大きくなっちゃった。そんな「モノ余り」の状況で、いくら「効率」を追い求めても、それだけじゃ絶対にモノは売れないよね。

川島:わざわざ欲しい!って思えるモノじゃないと、消費者は手を出さないです。

増田:なのにさ、今でも多くの日本企業が、目先の効率ばっかり考えて供給力の強化だけを進めている。そんなことしてもお客さんはつかないよ。今の日本に一番欠けているのは、むしろ「需要を科学すること」そして「需要力を上げること」だと思う。需要を盛り上げなきゃ、需要のパイを増やさなきゃ、ビジネスは広がらない。

川島:どうすればいいんですか?

増田:そりゃ簡単で、人口を増やせばいい。となると、一番の原点はみんながせっせと子づくりをすることで、要はエッチを。

川島:またそっちですか!

増田:あー、えーと、何だっけ。そうそう、効率の話だったよね。

川島:そうですよ。お願いします(笑)

増田:メーカーだけじゃなくって、僕らのような流通の世界も同じなんだよね。みんなが供給力を強化した結果、あらゆるお店が増えちゃって、お客さまはお店を選び放題になったのよ。お客様に「選ばれる店」にならない限り、売り上げが上がらない状況になっちゃった。こうなると「効率」は何の武器にもならない。「効率」は売り上げが上がったあとに初めて考えることで、売り上げも上がってないのに効率を上げるのに血道をあげていたら、そんな店、そもそもお客様が寄り付かない。

川島:ああ、そういう間違いを犯してる会社、けっこうありそうです。

増田:だから効率だけ求めたら、効率が実現できないんです。そんな社会なんです、今は。なのに過去の成功体験にしがみついて経営をしている。それじゃつぶれちゃうよね。

コメント2

「「ダサい社長」が日本をつぶす!」のバックナンバー

一覧

「今、一番ダメな経営とは、「効率を求める」こと」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長