• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

太陽系の初期の情報を求めてイトカワへ

JAXA宇宙科学研究所 はやぶさ&はやぶさ2(3)

2013年9月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 岡田さんが「はやぶさ」のために開発したX線分光計は、いったい、どのようなものなのか。

 小惑星探査を理解するのにちょうどよいようで、簡単に教えていただいた。

 「──まず分光計というのは、スペクトロメーターともいいますが、一番分かり易いのは可視光ですね。要は色で、RGB3原色を分けて見る。物が違うと大抵色も違うし、逆に色が違えば物が違うわけです。その色の違いから、物の組成の違いを調べる。じゃあ3原色じゃなくて、もっと細かく、例えば8つ、あるいは16に分けて見よう、32、あるいは1000で見てみようとしていくと、非常に細かい波長の違いで、物の組成がより詳しく分かるようになる。石であれば含まれている鉱物の種類によって、どこに特徴的な吸収バンドがあるか分かります」

 地球から観測される小惑星も、主に可視光で分光してみた結果などをもとにまず体系づけられていた。宇宙からのX線は地球の大気に阻まれて地表では観測できないからだ。先に出てきたS型、C型、D型なども、もとはといえば、その観測で分類されたものだ。

S型小惑星の可視光による反射スペクトルの例。S型、C型、D型などによってそれぞれ特徴があるため、まず「色を見る」ことによって小惑星のタイプが分けられた。(画像提供:岡田達明)

ナショナル ジオグラフィック 日本版2013年7月号でも太陽系にまつわる特集「太陽系 激動の過去」と「探査車が見た火星」を掲載しています。Webでの紹介記事は、「太陽系 激動の過去」はこちら。「探査車が見た火星」はこちら。ぜひあわせてご覧ください。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「太陽系の初期の情報を求めてイトカワへ」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長