• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「はやぶさ」がひも解く太陽系激動の初期

JAXA宇宙科学研究所 はやぶさ&はやぶさ2(5)

2013年9月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イトカワのような小惑星は、始原的な特徴を持ち、つまり、初期の太陽系の情報の宝庫かも知れない。

 では、始原的な初期の太陽系というのはどういうものだろう。

 「年代でいけば太陽系ができた最初の数千万年です」と岡田さんは言った。

 「惑星ができてきて、地球の月なんかができたのも、その時期の中に含まれます。月ができた最有力の説はジャイアント・インパクトと呼ばれるものですね。原始の地球に巨大な天体(火星サイズ)が衝突してものが飛び散り、やがてそれが集まって月が出来たと。はやぶさのような小惑星探査機がターゲットにしているのは、当時、互いにぶつかり合ってくっついたり壊れたりしていた中で、たまたま地球にも月にも他の惑星にも取り込まれずに残ったものです。そういうものは当時の色々な情報が残っていると。というか、できてから現在に至るまでの情報が積分されて残っている、というイメージです」

 「はやぶさ」は、そのような情報源から実物の岩石の欠片を持ち帰ってきた。顕微鏡で見なければならない小さなものだが、それでも多くの情報が引き出される。

ナショナル ジオグラフィック 日本版2013年7月号でも太陽系にまつわる特集「太陽系 激動の過去」と「探査車が見た火星」を掲載しています。Webでの紹介記事は、「太陽系 激動の過去」はこちら。「探査車が見た火星」はこちら。ぜひあわせてご覧ください。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「「はやぶさ」がひも解く太陽系激動の初期」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック