• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

そして「はやぶさ2」「はやぶさMk2」へと道は続く

JAXA宇宙科学研究所 はやぶさ&はやぶさ2(6)

2013年9月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さて、総じて淡々と話を伺ってきた。

 岡田さんは、「はやぶさ」に搭載された観測機器(X線分光計)の開発に学生時代にかかわり、それをきっかけに「はやぶさ」の観測と運用を担った。そして、サンプルが届いてからはその研究にも取り組んでいる。

 実は、ここにいたるまで、ちょっとした寄り道もしており、それが宇宙機での観測にまつわる特有の難しさを象徴しているようで、最後にお話しいただこう。

「LUNAR-A」実験のイメージ。「ペネトレーター」を月面に突き刺して観測する計画だった。(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)

 「LUNAR-Aってご存じですか」と岡田さんは問うた。

 「ペネトレーターですね」とぼくは答えた。

 LUNAR-Aは、とても斬新な探査計画で、ペネトレーターと呼ばれる槍状の観測機器を、月の周回軌道上からいくつも落とし、月面に突き刺して観測するというものだった。SF的で、印象に残っていた。

 「実は、私が最初に関わった宇宙探査の計画なんです。月の内部の構造を調べるために、地球と同じように地震計を使いましょうと。月に地震があること自体は、アポロの宇宙飛行士が置いてきた地震計で分かっていましたので。ただ、1カ所じゃ駄目で、複数箇所置かないといけない。着陸機だと1カ所にしかいけないので、1回の打ち上げでやろうとしたら、軌道上から地震計を搭載したペネトレーターをあちこちに撃つ手法がベストだということで、始まったんです」

ナショナル ジオグラフィック 日本版2013年7月号でも太陽系にまつわる特集「太陽系 激動の過去」と「探査車が見た火星」を掲載しています。Webでの紹介記事は、「太陽系 激動の過去」はこちら。「探査車が見た火星」はこちら。ぜひあわせてご覧ください。

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「そして「はやぶさ2」「はやぶさMk2」へと道は続く」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表