• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国も見透かす韓国の「卑日一人芝居」

「親中反日」は韓国でも危ぶまれ始めた

2013年9月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 朴槿恵政権の外交を「親中反日」と厳しく批判し「海洋勢力側への回帰」を訴える人々が韓国に登場した。「反日は心地良いが、必ず『離米』につながる。それは国を滅ぼす」と彼らは主張する。

中国には短刀を呑んでかかれ

 中心人物は趙甲済氏である。日本の「文藝春秋」に相当する「月刊朝鮮」の編集長を永らく務めた、韓国保守の理論的指導者の1人だ。在野の保守団体「国民運動本部」を創設し、1945年生まれながら、時に街頭闘争に繰り出す活動家でもある。

 同氏は「趙甲済ドット・コム」代表としてネット・メディアを主宰(注1)。そこで自身の主張を展開すると同時に、若手記者や保守のオピニオン・リーダーに発信の場を提供している。

(注1)サイト(韓国語)はここ

 趙甲済氏が8月23日に掲載した「中国に対しては短刀を呑んでかかれ」という長い記事のハイライト部分は以下だ。

  • 「韓―米」同盟は「韓―米―日」同盟構造の一部である。韓日関係が悪化すれば、きちんと機能しない。朝鮮半島で戦争が起きた際、日本は韓米同盟軍の後方基地の役割を果たすのだ。朴槿恵政権の親中反日路線はいずれ限界に突き当たるほかはない(「親中反日路線の危険性」の項)。

 「趙甲済ドット・コム」の金泌材記者も「韓国の反日、日本の嫌韓を超えて――韓日が“過去”に束縛されれば、中国共産党と北朝鮮という“現実”問題を見失う」を8月27日に載せた。要旨は以下の通りだ。

台湾なら守るが、韓国は嫌だ

  • 米国は日本の右傾化に反対しない。東北アジアで自分ができないこと、つまり中国牽制を日本にしてもらうためだ。
  • 朴槿恵大統領は中国を通じ日本を牽制する方針だ。これは戦略的な“判断ミス”であり、“外交失策”につながる可能性が高い。東北アジアでの韓国の立場を弱める結果を生みかねない。

 韓国の保守メディアがここまではっきりと、保守政権の外交政策の基本方針を批判するのは珍しい。彼らの危機感――日韓関係の極度の悪化が米韓同盟の機能不全、つまりは「米韓の離間」につながる恐怖――が良く分かる。

3刷出来!
中国に立ち向かう日本、つき従う韓国

中国の勢力圏に入っていく韓国、
米中の間で矢面に立たされつつある日本。
北の核問題をきっかけに、
東アジアの安全保障は変わった!!

「早読み 深読み 朝鮮半島」の連載を大幅に加筆・修正して最新情報を1冊に。

コメント27件コメント/レビュー

ここに登場する趙甲済氏、月刊朝鮮、中央日報、朴大統領などは全て保守勢力であり、未来の大韓民国への障害物で過去の残骸物に過ぎない。日経と言う言論がこのさま(日本国民を騙す)であることを見るとこのコメントに誤解を抱く可能性非常に高いので、韓国の進歩と保守を区別して置こう。大韓民国の進歩は自らの力で改革していくことを目指す民族注意性向の勢力であり、 保守は既得権層として現状維持しようとする事大主義親日売国奴性向の勢力である。 右翼と言うのは他民族を排斥して愛国心に溢れた民族注意性向である。しかし、韓国の保守は思想的にも右翼とは全く違う。むしろ、大韓民国の場合は、進歩右翼と呼ぶのが正しい。要するにこの記事は事大主義親日売国奴性向の一部保守の主張する小説である。盧武鉉元大統領のような今後の大韓民国を担って行く進歩勢力は事大主義を一番嫌っていて、アメリカにも中国にも堂々と臨んでいることを言って置こう。 同じ民族である北朝鮮を攻撃すると主張する、すなわち愛国・愛族心のない保守は右翼や左翼でもないただの事大主義売国奴性向の勢力であり、趙甲済氏は以前その最先方に立っていたが、今は少なくとも進歩の誰一人も彼を相手にしない。過去を直視して反省する能力こそが人間だけ持つことのできる知恵であり、明日の不幸を防ぐことのできる唯一の道具である。(2013/09/13)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米国も見透かす韓国の「卑日一人芝居」」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここに登場する趙甲済氏、月刊朝鮮、中央日報、朴大統領などは全て保守勢力であり、未来の大韓民国への障害物で過去の残骸物に過ぎない。日経と言う言論がこのさま(日本国民を騙す)であることを見るとこのコメントに誤解を抱く可能性非常に高いので、韓国の進歩と保守を区別して置こう。大韓民国の進歩は自らの力で改革していくことを目指す民族注意性向の勢力であり、 保守は既得権層として現状維持しようとする事大主義親日売国奴性向の勢力である。 右翼と言うのは他民族を排斥して愛国心に溢れた民族注意性向である。しかし、韓国の保守は思想的にも右翼とは全く違う。むしろ、大韓民国の場合は、進歩右翼と呼ぶのが正しい。要するにこの記事は事大主義親日売国奴性向の一部保守の主張する小説である。盧武鉉元大統領のような今後の大韓民国を担って行く進歩勢力は事大主義を一番嫌っていて、アメリカにも中国にも堂々と臨んでいることを言って置こう。 同じ民族である北朝鮮を攻撃すると主張する、すなわち愛国・愛族心のない保守は右翼や左翼でもないただの事大主義売国奴性向の勢力であり、趙甲済氏は以前その最先方に立っていたが、今は少なくとも進歩の誰一人も彼を相手にしない。過去を直視して反省する能力こそが人間だけ持つことのできる知恵であり、明日の不幸を防ぐことのできる唯一の道具である。(2013/09/13)

難しいですね、中国に対応するには、韓国がぜひ独立国であって欲しいですね。そうなるような韓国政権を応援するような政策はないのでしょうか?(2013/09/13)

反日宗教と化している点に全く同意します。しかし近い将来うまくいかず、そのコウモリ達が方向を変え、いつものように言訳を言いながら、日本政府にすり寄ってくると思いますが、日本政府には、徹底的にコウモリ達を突き放してもらいたいと思います。行動に伴う責任を十分にとっていただかないと、日本国民は到底納得しないと思います。(2013/09/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問