• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

福島沖に浮かぶ洋上風力にいざ“上陸”

不安が、成功するという確信に変わった

2013年9月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8月23日、「福島復興浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」を率いる丸紅国内電力プロジェクト部の福田知史部長は、福島沖の洋上にいました。現地に実際に浮かぶ洋上風車と浮体式洋上変電設備(サブステーション)を視察するためです。

 福島沖約20キロメートルの地点に船で向かう福田部長の胸には一抹の不安がありました。東京湾から無事、現地に到着した風車とサブステーションですが、海底に係留する作業が予定より3週間ほど遅れていたのです。

 福田部長は現場で何を見たのでしょうか。

(取材/構成:日経ビジネス編集部・田中太郎)

 こんにちは、丸紅の福田です。1カ月半ぶりの登場です。今回は現場を初めて視察した時の模様をご紹介しましょう。

海龍丸のレーダーに映るサブステーションの影。周囲には作業船の影も見える

 8月23日11時30分。私たちが乗った地元の漁船、海龍丸(14t)は、福島県いわき市の久之浜港を出発しました。

 目指すは、福島沖約20キロメートルの「洋上風力発電船設置作業海域」です。現在、作業海域では3つの作業を進めています。サブステーションの係留と洋上風車の係留、サブステーションと洋上風車の間のケーブルの接続です。

「洋上風力発電船設置作業海域」は、東経141度13分から16分、北緯37度18分から19分の位置に、東西4キロメートル・南北2キロメートルの広さで設定。中心の東側に洋上風車、西側にサブステーションを2キロメートルの間隔で係留する。周辺は船舶の往来が多いので、作業中は常時5隻ほどの警戒船が、他の船が誤って進入してこないように見張っている

 あいにくの曇り空で海上はもやっていましたが、海は静かで、海龍丸は順調に走っていきます。

サブステーションの美しさにどっきり

 12時50分。まずサブステーションが目の前に現れました。

 美しい。

 その時の感想は、この一言に尽きます。少しもやった海の上で、白と黄色の船体が鮮やか。実際に海上で見ると、その機能美が何とも言えません。

コメント6

「実録 福島沖・巨大風車プロジェクト」のバックナンバー

一覧

「福島沖に浮かぶ洋上風力にいざ“上陸”」の著者

田中 太郎

田中 太郎(たなか・たろう)

日経エコロジー編集長

1990年早稲田大学卒業、日経BP社入社。「日経レストラン」「日経オフィス」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」「日経エコロジー」「ECO JAPAN」などを経て2014年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員