• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

外国人旅行者「世界30位」は戦略の失敗?

五輪開催に向けて問われる「観光立国」の本気度

2013年9月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本を訪れる外国人旅行者が急増している。日本政府観光局の推計によると、今年7月の訪日外国数は100万3000人。月間として初めて100万人の大台に乗せた。今年1月から7月までの累計で595万人に達しており、政府が目標としてきた年間1000万人を今年、達成する可能性が強まってきた。

訪日外国人数および前年同月比伸び率の推移

 京都や奈良といった有名観光地ばかりでなく、日本人があまり訪れないような地方の観光地でも外国人に出会うことが増えた。しかも、最近顕著なのは「国際化」が進んでいることだろう。韓国語や中国語ばかりでなく、タイ語やインドネシア語などを耳にする機会が増えた。もちろん、英語、ドイツ語、ロシア語も聞かれる。ひと時急増していた中国からの観光客が、昨年9月の尖閣諸島問題をきっかけに激減したことも「中国一色」から多様化するきっかけになった。

 海外からの旅行者の急増は、安倍晋三首相が推進する「アベノミクス」の効果と言える。第1の矢である「大胆な金融緩和」によって円安が進んだことが大きい。外国人にとってみれば自国通貨が日本円に対して強くなったわけで、日本旅行の代金が大幅に安くなっている。為替変動によって人数が大きく増減する韓国からの旅行者が急増していることも、円安効果の威力を示していると言えそうだ。

2月以降の観光客は2ケタ増

 1月の訪日外国人数は前年の同じ月に比べてマイナスだった。だがアベノミクスへの期待が高まり、円安になると共に大きく増え、2月以降は2ケタの伸びが続いている。2月は33.5%増、3月は26.7%増、4月は18.4%増と続き、5月も31.2%増、6月は31.9%増、そして7月は18.4%増となった。9月から年末にかけては、昨年は尖閣問題で中国からの観光客が激減した数値が比較のベースになるため、今年は高い伸び率が続くのは確実とみられる。中国人観光客の大幅な減少を、韓国や台湾、香港、タイなどからの観光客の急増で補い、さらに数を増やしているというまさに活況状態が続いている。

 外国人観光客増加の経済的効果は大きい。ホテル代や交通費など直接的な旅行費用が増えるだけではない、外国人が日本に来てお土産を買い自国に持ち帰れば、日本にとっては輸出と同じ効果がある。しかも、小売りや外食、ホテルといった観光関連産業の雇用を生み出す。

 原発の停止で火力発電用LNG(液化天然ガス)の輸入が急増、日本の貿易収支は赤字に転落している。そんな中で、外国人旅行者がもたらす収入は小さくない。

コメント2件コメント/レビュー

ラッシュアワーの雑踏で思い出した。東京に就職活動の為上京した時にニュースや予備知識では知っていたもののあれほどのラッシュに実際に巻き込まれると何が何だかわからなくなってしまう。行き先も看板さえよくわからないのだ。随分苦労して国鉄から私鉄、地下鉄へ乗り継いだ思い出が蘇る。日本人でさえそうなのだから全然しらない外国人は固まってしまうだろう。昔に比べたら英語表記以外に中国語も韓国語も他の言葉も増えたが分かりやすいかとやはり疑問だ。一つの解決策としてケータイ或いはパソコンのWifiを利用して外国人を案内するアプリを用意したらどうか。もちろんラッシュ等日常の情報や対策も盛り込んで効率よく目的の所に案内するナビゲーションソフトを。ついでに日本食(立ち食いそば屋等も含む)の美味しいお店や食べ方や案内、オーダーの仕方やマナー等についても教えてくれる優れものを。ケータイやタブレットを持って歩くだけで知りたい情報を親切に教えてくれる。日本語の写真を撮れば翻訳もしてくれる。実にクールではないか。なぜこの方法が良いのか。それは昨今の外国人旅行者を見れば直ぐわかる。彼らはケータイやタブレットを使い無料Wifiのできる場所で旅行情報を一生懸命収集をしている。ガイド本だけでは分かりきれない事や詳細な地図、行き先を模索している。有名な観光地以外の小さな観光地や田舎に出没する外国人旅行者が増えたのはITで情報を簡単に集め自分の好みにあった観光を自分たちで行える様になったからではないのか?観光ツアーも良いがリピーターとして来てもらうにはもっと色々な所を見て歩いてもらわないと自ずと限界が来るだろう。日本の観光地が主に日本人主体で考えられていた事が伸び悩んだ原因ではないかと思う。立地上島国で飛行機か船でないと来日できないハンデは大きいがそれでも見たい、体験したい何かはあると思う。そこを皆で見つけ出して来てもらい、文字や言葉のハンデをクールな方法で克服し快適な旅行をしてもらう。そここら次が生まれると思う。(2013/09/20)

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「外国人旅行者「世界30位」は戦略の失敗?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ラッシュアワーの雑踏で思い出した。東京に就職活動の為上京した時にニュースや予備知識では知っていたもののあれほどのラッシュに実際に巻き込まれると何が何だかわからなくなってしまう。行き先も看板さえよくわからないのだ。随分苦労して国鉄から私鉄、地下鉄へ乗り継いだ思い出が蘇る。日本人でさえそうなのだから全然しらない外国人は固まってしまうだろう。昔に比べたら英語表記以外に中国語も韓国語も他の言葉も増えたが分かりやすいかとやはり疑問だ。一つの解決策としてケータイ或いはパソコンのWifiを利用して外国人を案内するアプリを用意したらどうか。もちろんラッシュ等日常の情報や対策も盛り込んで効率よく目的の所に案内するナビゲーションソフトを。ついでに日本食(立ち食いそば屋等も含む)の美味しいお店や食べ方や案内、オーダーの仕方やマナー等についても教えてくれる優れものを。ケータイやタブレットを持って歩くだけで知りたい情報を親切に教えてくれる。日本語の写真を撮れば翻訳もしてくれる。実にクールではないか。なぜこの方法が良いのか。それは昨今の外国人旅行者を見れば直ぐわかる。彼らはケータイやタブレットを使い無料Wifiのできる場所で旅行情報を一生懸命収集をしている。ガイド本だけでは分かりきれない事や詳細な地図、行き先を模索している。有名な観光地以外の小さな観光地や田舎に出没する外国人旅行者が増えたのはITで情報を簡単に集め自分の好みにあった観光を自分たちで行える様になったからではないのか?観光ツアーも良いがリピーターとして来てもらうにはもっと色々な所を見て歩いてもらわないと自ずと限界が来るだろう。日本の観光地が主に日本人主体で考えられていた事が伸び悩んだ原因ではないかと思う。立地上島国で飛行機か船でないと来日できないハンデは大きいがそれでも見たい、体験したい何かはあると思う。そこを皆で見つけ出して来てもらい、文字や言葉のハンデをクールな方法で克服し快適な旅行をしてもらう。そここら次が生まれると思う。(2013/09/20)

美術館の開館時間の不親切さは酷い。平日昼間など、誰が行くと言うのか?今後生産人口が減り続ける中、平日昼間に労働する人を優遇しないのは愚かだ。もちろん美術館だけでなく、病院・銀行・役所も。自己中心的で時代遅れだと思う。(2013/09/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長