• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2020年「ソラリンピック(太陽の五輪)」を目指せ!

新国立競技場や貯水池などを有効利用

2013年9月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定したのだが、私の周囲では、「もうひとつすっきりしない」という声が少なくない。主たる理由は、いまだ福島第一原発事故が収束しない中で、オリンピックに浮かれていてよいのだろうか、という後ろめたさの方が強いからだ。

 それに拍車を掛けたのが、国際オリンピック委員会(IOC)における安倍総理のスピーチ。「完全にコントロールされている」との発言を聞いて「国際的な場でこんなことを言ってよいのか」と驚いた。

 アメリカ、カナダの西海岸では「太平洋で獲れた魚は汚染のため食べられなくなるのではないか」と心配している。そんな時、汚染源である日本の総理大臣から何とも場違いな発言であった。そう心配していた矢先のことだ。

放射能オリンピックから太陽のオリンピックへ

 綻びはすぐに現れた。9月12日、福島第一の排水溝でストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットル当たり220ベクレル検出したというニュースが流れた。しかも、安倍首相の発言とは裏腹に、東電自身が「コントロールできていない」と認めたのである。

 これから「安倍スピーチ」の副作用がジワジワと出てくるのではないかと心配だ。北京オリンピックの時、大気汚染を心配して、参加見送りの選手が出た。2020年に、もし収束していなければ、競技者や観客の間で心配の声が高まることは間違いないだろう。

 気分は晴れないものの、決まったからには成功させねばならない。安倍発言が逆効果にならないように、福島第一をしっかりと「コントロール」することが第一だが、それだけでは足りない。名誉挽回のためには、少々「やりすぎ」と感じるぐらいの環境対策が必要だ。

 具体的には、徹底した環境配慮型オリンピックを目指し、再生可能エネルギー、特に太陽光発電を極限まで推進してみてはどうか。名づけて「ソラリンピック(太陽の五輪)」。

新国立競技場はスタイルよりエコ重視で

 2020年に向けて、メーンスタジアムとして使用される新国立競技場も建て替えられるという。その基本構想を決めるために、デザインコンテスト「新国立競技場基本構想国際デザイン・コンクール」が行われ、イラク出身の建築家Zaha Hadid(ザハ・ハディド)氏による案が最優秀賞に選出された。

 現在の国立競技場は2014年に解体が開始され、新国立競技場は2019年までに完成させる計画だ。総工事費は1300億円程度(解体費を除く)。屋根が開閉でき、観客席は可動式で8万人収容可能と発表されている。ラグビーワルドカップのメーンスタジアムとしても使われる。

 観客席が広がるため、敷地面積は現在の約7万2000平方メートルから約11万3000平方メートルに増やされる。また新競技場の敷地の西側にある「東京体育館」の周辺や南側にある「都営霞ヶ丘アパート」などを対象に、合計約6万5000平方メートルの「関連敷地」を設定している。

コメント0

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「2020年「ソラリンピック(太陽の五輪)」を目指せ!」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長