• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

レストラン「3号炉」に込めた人々の思い

リトアニア・ヴィサギナス市

2013年9月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 旧ソ連の構成国で今はEU加盟国であるリトアニアで、原発新設の是非を問う国民投票が2012年10月14日に行われ、反対が賛成を上回った。日本でもいくらか話題になっていたが、結局、あの問題はあれからどうなったのだろうか、と思い、私は今年5月、日本の原発が新設されるかもしれないヴィサギナス市へと向かった。

原発労働者の街、ヴィサギナス市へ

 ヴィサギナス市はおよそ100の湖に囲まれた自然の豊かな地域に作られた原発労働者の街である。自然を切り開いて新しくつくった、いかにも旧ソ連の街らしいところで、他のリトアニアの街のような欧州の雰囲気は全くない。

「ここに原発従事者の街が建設される。1975年8月」と書いてある石碑(ヴィサギナス市)

 街中アパート群だらけで、安価な市内巡回タクシーが頻繁に走り、市内のどこへでも一律料金で送り届けてくれるという、「ソ連」が感じられる、近未来的な不思議な街だ。ヴィサギナスのシンボルはこのあたりの湖に生息する「鶴」で、街の至る所に鶴のマークを見かける。その度、日本人としては親近感が湧いた。

ヴィサギナス市役所前にある鶴のモニュメントとリアルタイム線量計。表示されている値は「毎時9マイクロレントゲン(およそ毎時0.09マイクロシーベルト)

 いかにも原発労働者の街らしい「エネルゲティク」という名前のついた通りにあるペンションまで、巡回タクシーが送り届けてくれた。人工的な街にはあまり似合わない、かわいい森のペンションといった感じで、親切なオーナーの女性がヴィサギナス市の観光案内が載っている地図をくれた。

 もらった地図を広げてみると、大きな放射能のマークが目についた。どうやら市内のショッピングセンターの中に、「3号炉」という名のレストランがあるらしい。

コメント3

「ウクライナからの声」のバックナンバー

一覧

「レストラン「3号炉」に込めた人々の思い」の著者

宮腰 由希子

宮腰 由希子(みやごし・ゆきこ)

ロシア語通訳

ロシア語通訳、NGO「ダール・アズィーザ」事務局長。1983年青森県弘前市生まれ。17歳の時にチェルノブイリに行き現地を視察。2002年~08年、モスクワ国立大学留学。現在はキエフに滞在中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授