• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「自分から勉強できる子」に育てることは可能か?

ビッグデータ分析によるeラーニング革命

2013年10月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 近年、アメリカやイギリスをはじめとする先進国で、大学のコースを無償でオンライン上に提供する動きが始まり、eラーニングが大きなブームを迎えている。3大オンライン講座と言われるコーセラ(coursera)、エデックス(edX)、ユーダシティー(Udacity)の利用者は、それぞれ400万人、100万人、75万人にのぼる。日本でも東京大学と京都大学がそれぞれコーセラとエデックスに参加し講義を無料提供し始めることが決まり、注目されている。

 大学生・成人を対象としたeラーニングが世界的に注目を浴びる一方、日本では、小学生・中学生・高校生を対象としたeラーニング学習塾が急速に発達している。従来の学習塾に比べ、eラーニング学習塾には以下のような利点がある。

課題は、いかに自己管理を促すか

 第1に、それぞれの生徒の理解度にあわせたレベルで学習指導ができるため、理解が遅れている生徒も気後れすることなく学習に取り組める。4年生の生徒が2年生の算数からつまずいていたとしても、従来の集団指導型の塾では、その生徒だけ2年生の教材に戻って指導することは難しかった。

 第2に、学習時間と学習場所に自由度があり、自宅からオンラインの教材にアクセスして学習することができる。したがってやる気のある生徒は自宅での学習時間を増やし、どんどん先に進んでより難しい課題に取り組むことができる。

 第3に、個々の生徒の学習行動や成績のデータがすぐ得られるため、教師はつまずいている生徒に早期に気づくことができ、それらの生徒に対するタイムリーな個別指導が可能となる。第4に、個々の生徒の学習行動や成績のデータを分析することで教材の内容が改良でき、個々の生徒のレベルに教材の難易度を自動調整することも可能である。これら数々の利点がある一方、生徒の自主性にその利用が大きく左右されるeラーニング学習塾は、自己管理が難しい生徒や学習意欲のない生徒に対していかに学習するよう促すかという点で、大きな課題をもつ。

 筆者は、小中高生向けオンライン学習教材「すらら」を運営するすららネットと計量経済学を専門分野とする東京大学の萱場豊氏とともに、生徒の学習行動や成績のデータを分析する「ビッグデータ分析研究プロジェクト」を立ち上げた。すららネットは各生徒ごとにカスタマイズされた学習内容を自動的に提供する「アダプティブ・ラーニング」で既に特許を取っている、最先端のオンライン学習教材サービスである。

コメント9件コメント/レビュー

日々の娯楽をある程度抑えて、勉強のできる子供に育てるには、物心付く頃までに勉強に限らず、ボーイスカウトやスポーツ・娯楽クラブなどの楽しい事でも何でもいいので、日課やお稽古などの決まり事をこなす習慣を付ける事ではないかと思います。その頃までに、「子供はいっぱい遊べばよい」と思って子供を好きなように遊ばせていると、子供は好きな事を好きなだけして当然という思考方法を持つようになり、小学校へ行く頃には、これを制して勉強を始めさせる事は困難です。一方で、週に1日でも何かを決めて習慣的にやって来た子は、その延長線上で、勉強も出来やすいと思います。その意味で、3,4歳までの生活習慣が決定的になりますね。(2013/10/15)

「最前線! 行動する行動経済学」のバックナンバー

一覧

「「自分から勉強できる子」に育てることは可能か?」の著者

田中 知美

田中 知美(たなか・ともみ)

合同会社エッジ代表

米ハワイ大学経済学科博士課程修了。カリフォルニア工科大学ポスドク、アリゾナ州立大学助教授、慶応義塾大学特任准教授などを経て現職。専門は行動経済学・政策実験。1969年長崎県生まれ。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日々の娯楽をある程度抑えて、勉強のできる子供に育てるには、物心付く頃までに勉強に限らず、ボーイスカウトやスポーツ・娯楽クラブなどの楽しい事でも何でもいいので、日課やお稽古などの決まり事をこなす習慣を付ける事ではないかと思います。その頃までに、「子供はいっぱい遊べばよい」と思って子供を好きなように遊ばせていると、子供は好きな事を好きなだけして当然という思考方法を持つようになり、小学校へ行く頃には、これを制して勉強を始めさせる事は困難です。一方で、週に1日でも何かを決めて習慣的にやって来た子は、その延長線上で、勉強も出来やすいと思います。その意味で、3,4歳までの生活習慣が決定的になりますね。(2013/10/15)

他の方も書かれていますが、提示されているデータが微妙です。もう少し色々提示しなければいけないのではないでしょうか?正直、eラーニングの宣伝くらいにしか見えなかった。(2013/10/12)

何らかの研修成果が書かれていることを期待して読み進めたがなにも書いてなく残念な気持ちです。しかし、ここに書かれているいろいろな結果はずいぶんと部分を切り取ったものばかりで、もう少し多方面から調べなのかと思いました。「マシュマロ実験」の例で述べると、4歳の例は書かれていますが、3歳や5歳だとどうなのか書かれていません。実は5歳の方が相関が強い可能性は排除されているのでしょうか。こんないい加減なものでその後の人生を語ってほしくはありません。▽「クリアユニット」を争うのも小学生では有効性は示されていて、シールを貼るなどの方法ですでに実用化されていますよね。別にeラーニングだからできるということでもないと思います。まあ、データがあまりないとおっしゃる中学、高校のデータがあつまり何らかの成果がでるといいとは思いますので、今後に期待したいと思います。(2013/10/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授