• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本と中国が改革しないと、アジアは成長できません

シンガポールのターマン・シャンムガラトナム副首相に聞く

2013年10月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 シンガポールの玄関、チャンギ空港の利用客は2012年に5000万人を突破し、今年も前年を上回るベースで増え続けている。1981年の開港以来430もの世界、アジアの団体からの賞を受賞し続けており、空港業界の優等生だ。シンガポールを訪れる旅客も増えており、2013年8月も、前年同月比9.4%増の468万人の旅客が利用した。とりわけ中国と日本の旅客は2ケタ増で、年間旅客数が2012年をさらに上回るのは間違いなさそうだ。アジアを中心に、各国からシンガポールに向かう人が増えている。

 そんなシンガポールを舞台に、9月20日から世界の多国籍企業経営者など300人超が集まり、非公開で率直な討議を繰り広げたシンガポールサミット。日経ビジネス10月7日号に掲載したターマン・シャンムガラトナム副首相のインタビューを、未収録部分を含めて掲載する。

(聞き手は広野彩子)

サミット開催は今年2回目ということですが、狙いは何でしょうか。

シャンムガラトナム副首相:世界が急激に変化する中、世界経済の重心がアジアに移りつつあり、徐々にだが変化の中心的な存在になろうとしています。10年前と比べてみれば、グローバルなビジネスのあらゆる分野で、アジアの重要性が以前よりもはるかに増していることが、体感できるでしょう。

今後10年で、アジアは世界の重要な消費市場に

ターマン・シャンムガラトナム副首相兼財務相
英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスと英ケンブリッジ大学で学士号及び修士号取得、さらに米ハーバード大学ケネディスクールで修士号取得。シンガポールの中央銀行にあたるシンガポール通貨庁を経て、2001年政治の世界に。教育相を経て2007年に財務相就任、2009年から副首相を兼務。

 また世界経済の今後10年間を展望すると、アジアはこれからも潜在的な成長の可能性を秘めているというだけでなく、購買力水準の面からも重要な市場になるのは間違いありません。グローバル企業は、以前にも増してアジアでの存在感を高めることに関心を持つようになり、アジアにおける思想の潮流、世間の空気、課題、そして対立などをきちんと理解することに関心が高まっています。

 シンガポールサミットの趣旨はそうした関心を反映したものです。共通言語である英語で小さな円卓を囲みながら、ざっくばらんに意見交換できますからね。シンガポールでは意見が偏ることなく、便利に、自由な議論の場を提供できます。

コメント4件コメント/レビュー

アジアの発展なんぞ、本来的にはどうでもいいことだ。この副首相はシンガポールの発展のために力を貸せと言っているにすぎない。日本は独自で発展を目指せばいい。アジア諸国も他国に影響されず、独力で発展すべき。(2013/10/08)

「躍動するシンガポール」のバックナンバー

一覧

「日本と中国が改革しないと、アジアは成長できません」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アジアの発展なんぞ、本来的にはどうでもいいことだ。この副首相はシンガポールの発展のために力を貸せと言っているにすぎない。日本は独自で発展を目指せばいい。アジア諸国も他国に影響されず、独力で発展すべき。(2013/10/08)

さすがに説得力があると感じました。気になったのは、1.短期的にはアジアに成長性があるのは確かだが、長期的には欧米日同様の少子高齢化、低成長に陥ることは間違いなく、その時の対応はどうするのか?2.世界の経済成長に伴い上昇を続けるコモディティ価格(特にエネルギー)をどうするのか?ですかね。(2013/10/08)

シンガポールの立ち居地を知る上では参考になりますが、正直ポジショントークの印象を受けます。副首相がシンガポールの国益を代弁するのは当たり前の話なのですが、日本が字面どおりに受け取るのは危険ですね。(2013/10/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長