• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

市場規模3兆8000億円!「ポケモン」の迫力をオヤジは知らない

これほど過小評価されているソフトはありません

2013年10月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月12日。「ポケットモンスターX」「ポケットモンスターY」(ニンテンドー3DS用ソフト/希望小売価格:税込4800円/販売元:任天堂)が発売されます。

 このソフトほど、世間に過小評価されている作品はないかもしれません。人気シリーズ作であることは知っていても、子供たちを中心に人気のロールプレイングゲームでしょ?といった程度の印象しか持っていない人も多いように思います。

 とんでもない話です。1996年に1作目が発売されて以降、全世界でのシリーズ累計発売本数は1億6000万本を突破。スピンオフ作品まで含めた、すべての「ポケットモンスター」の名を冠したソフトの総売り上げは2億3000万本を越えました。これは、すべてのゲームの中でも、任天堂の「スーパーマリオ」シリーズに次ぐ、世界2位の記録です。

 さらにはポケモンカード、TVアニメ、映画、キャラクターグッズなどが全世界でビジネス展開しており、それらを加えた累計市場規模は3兆8000億円(日本:1兆7000億円/海外:2兆1000億円)になります。

 昨今、クールジャパンの名のもとに、アニメ、放送番組、映画、音楽などの海外進出が注目されていますが、それらの海外輸出額を合計しても、年間250億円程度といわれています。「ポケットモンスター」が、どれほど他を圧倒するモンスター・コンテンツであるか、おわかりになるでしょう。

(注:「ポケットモンスター」関連の数値データは、株式会社ポケモンの公式サイト内にある、2011年作成の「ポケモンビジネスを考察するー論文パンフレット」から引用しています)

8月17・18日に開催された「ポケモンゲームショー」の光景。新作が初めてプレイできるイベントであり、入場規制が行われるほどの混雑ぶりとなっていた。

家庭用ゲームでは珍しい“全世界同時発売”

 そんな全世界的コンテンツである「ボケットモンスター」シリーズが、今回の新作から、ひとつの大きな挑戦をしていることを、ぜひ知っておいてください。

 それが「全世界同時発売」です。

 テレビゲームは、販売する地域によって内容が変わります。販売する地域によってゲーム内の言語表記を変える必要があるからです。ゲームによっては、ゲームの内容そのものが違うこともあります。(地域ごとのユーザーの平均的な気質に合わせて、たとえば北米ではゲームの難易度を高めにする、といった調整をすることもあります)。

コメント0

「ゲームナビゲート」のバックナンバー

一覧

「市場規模3兆8000億円!「ポケモン」の迫力をオヤジは知らない」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手