• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

売り上げ減が止まらぬジーンズメーカーとジーンズ店

終わったビジネスモデルにしがみついてはいけない

2013年10月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ジーンズナショナルブランドやジーンズチェーン店の直近の決算や業績予想発表を見ると、ジーンズ不振を強く実感する。

 10月11日、リーバイ・ストラウス・ジャパンが2013年11月期連結決算の業績予想を下方修正した。当初予想では売上高101億円、営業損失が1億2000万円だったが、これを売上高94億円、営業損失5億円とした。リーバイ・ストラウス・ジャパンは2011年11月期から連結売上高が100億円を下回るようになった。今期は100億円の大台回復を狙ったが、実現は難しくなった。

 ジーンズカジュアルチェーン大手の一角を占めるジーンズメイトも先月、通期業績予想を下方修正している。同社の発表によると、2014年2月期は当初予想で売上高109億円、営業利益2000万円を見込んでいた。これを売上高102億5000万円、営業損失4億円と売り上げは微減ながら一転赤字の予想に修正した。今期も赤字となると同社は2010年2月期から赤字決算が続くことになる。

 この2社だけを見て、「ジーンズ不振」と決めつけるのはいささか早計かもしれない。しかし、メーカーと小売店という業態の違いはあれ、いずれも国内大手として業界に名前が鳴り響いていた企業であるし、そのほかの企業を見ても同じような状況だ。

5年間で売上高が3割減ったマックハウス

 ジーンズメイトだけでなく、大手ジーンズチェーン店各社はこの数年苦戦傾向が続いている。大手ジーンズチェーン店は、現在3社しかない。ライトオン、マックハウス、ジーンズメイトである。そのほかの全国チェーン店(三信衣料、ロードランナー、フロムUSAなど)は経営破綻した。そのほかで残っているのは地域密着型のリージョナルチェーン店である。

 ジーンズチェーンの中で最大手のライトオンは、2009年8月期に1000億円あった売上高が2010年8月期以降は800億円規模にまで減少した。2011年8月期には806億6600万円にまで低下。2012年8月期は853億5700万円まで回復させたが、先日発表された2013年8月期の売上高は834億9200万円と前の期に比べ20億円ほどの減収となった。営業利益や経常利益、当期純利益はいずれも前の期に比べ1割以上減少した。

 マックハウスも見てみよう。同社も2009年2月期から減収が始まっている。2009年2月期は売上高が566億5000万円で、2008年2月期と比べ1.3%減だった。そこから毎年売り上げを減らしており、2010年2月期と2011年2月期は営業赤字に転落。2012年2月期は黒字転換したものの減収傾向は続いている。2011年2月期の売上高は424億1100万円、2012年2月期は404億4900万円、2013年2月期は386億5800万円だった。2014年2月期の売上高の見通しは373億円である。5年間で200億円近くの売り上げを失ったのだ。

 このように見てくると、大手ジーンズチェーン店は4年ほど前から揃って減収基調に転じている。最大手のライトオンがなんとか800億円台で踏みとどまっているといったところだろう。

コメント3件コメント/レビュー

ちなみに、私は学生時代から仕事以外はずっとジーンズですが、今はユニクロです。やはり、このご時世金穴のおじさんは昔のようにエドウィンは買えません。(2013/10/16)

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「売り上げ減が止まらぬジーンズメーカーとジーンズ店」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ちなみに、私は学生時代から仕事以外はずっとジーンズですが、今はユニクロです。やはり、このご時世金穴のおじさんは昔のようにエドウィンは買えません。(2013/10/16)

ジーンズの売り上げ減少と聞いて思い浮かんだのは、最近のストレッチ素材のぴったりしたパンツ(の中でもジーンズ調の生地のもの)です。こぞって皆さん穿いているので、良く見かけるのですが、履き心地が良いのでしょうか?スタイルの良くない大方の日本人にはかっこよく着こなせないのになぁ、と思いながら目に入らないように努めています。肉のラインが丸出しなので、あまり流行ってほしくないです。(2013/10/16)

そうだと思いますよ。私もジーンズ派ですが、ここ数年H&Mかユニクロしか買ってない。リーバイスにしてもエドウィンにしても十年以上前は買っていたのですが、それはブランドの魅力もありましたが、一番大きな理由は、それしかなかったからです。今では上記以外にも色々ありますからジーンズの売り上げが落ちたのではなく分散しただけだと思います。(2013/10/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長