• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

増える孤独死の現場から見えたこと

「予防」と共に「発見」も重要に

2013年10月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月21日号特集「相続ショック」の取材で遺品整理の現場に入った。埼玉県の私鉄沿線の住宅街だ。遺品整理業者への仕事依頼は急に入り、依頼者も動揺していることもあるため、現場に行ってみないと様子が分からないことが多い。遺品整理の現場の半分は孤独死と聞いていたが、朝からその現場に入ると強烈な異臭がする。孤独死だった。

 下の写真を見ていただきたい。中央に写る布団の下に遺体の跡があった。手前中央にあるのは故人の靴下だ。奥では特殊マスクをつけた作業員が、遺品を分別しながら袋に詰めている。右下の線香は、遺品整理業者が作業を始める前にあげたものだ。

遺品整理の現場。故人の生活の跡も残る

10日前後で内臓が腐り始める

 筆者が現場に到着した時は、写真に映る布団がなかった。そこには内臓が腐ったと見られるゲル状の液体の跡がある。遺品整理業者は臭いの侵入を防ぐ特殊マスクを装着していたが、筆者は簡易のマスクをしていたため、強烈な異臭に吐き気をもよおした。

 故人は60歳代の男性。一人暮らしのワンルームのアパートで、シャワーを浴びた直後に脳梗塞で倒れ、発見まで15日ほどかかった。遺品整理業者によると季節やケースによるが、10日以上かかると内臓が腐り始めるという。特殊な器具と洗剤で、部屋を清掃するが、発見までの時間がかかると臭いは消えず、部屋を使うのは困難だという。当日も不動産屋が不安そうに作業の様子を見守っていた。

 孤独死の現場は日常と隣り合わせだ。アパートの隣の道を通勤などに向かう人々が足早に歩いていく。近くの保育園から園児の歓声が響いていた。異臭はアパートの外まで漂っていたが、足を止めることはない。

コメント8

「相続ショック」のバックナンバー

一覧

「増える孤独死の現場から見えたこと」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師