• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「広報の力」で業界を席巻した女

トリー・バーチが切り開いた新しい世界

2013年11月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真:Photoshot/アフロ

 ファッション・デザイナーとしての教育を受けていなくても、自分の名前で超人気のファッション・ブランドを作ることができる。

 これが、トリー・バーチがやったことだ。彼女の名前を冠したアメリカの女性ファッション・ブランド、トリー・バーチは、現在世界に100軒もの店舗を構え、1200人もの従業員を雇う。企業価値は25億ドルともされ、バーチ自身の個人資産は10億ドル。ファッション・ハウス、トリー・バーチは近い将来にIPO(新規株公開)を果たして、さらに企業価値が膨らむものと予測されている。

 トリー・バーチが創設されたのは、2004年のことだ。ヴェラ・ワングやラルフ・ローレンの広報としてファッション業界で経験を積んだバーチは、自宅のキッチンで最初のデザインを考案。夫と共に自分たちの金をつぎ込んでブランドを立ち上げ、最初のショップをニューヨークのヒップなノリータ地区にオープンした。

 ただし、キッチンでデザインしたと言っても、狭いアパートで鍋に囲まれてデッサンしたわけではない。そのキッチンは、マンハッタンの超高級ホテル、ピエールのレジデンスの中にあり、夫婦で注ぎ込んだ資金も2億ドル。トリー・バーチは、最初から大きな事業として打ち出されたものなのだ。

 そもそもバーチは、恵まれた家庭に育っている。1966年にペンシルバニアに生まれたバーチの父は、ペーパーカップで大資産を築いた家系の末裔で、グレース・ケリーともデートしたことのあるダンディーな人物。母は元女優で、こちらもマーロン・ブランドやスティーブ・マックイーンとつき合っていたこともある。

 バーチは大きな農場で乗馬をするなどして育ち、ペンシルバニア大学で美術史を専攻。卒業後はニューヨークへ移って、ファッション・ブランドのゾーランやファッション雑誌の『ハーパーズ・バザー』で駆け出しの頃を過ごし、その後ヴェラ・ワングやラルフ・ローレンで広報の仕事を続けた。

コメント0

「女の出世ダイバーシティ」のバックナンバー

一覧

「「広報の力」で業界を席巻した女」の著者

瀧口 範子

瀧口 範子(たきぐち・のりこ)

ジャーナリスト

シリコンバレー在住。テクノロジー、ビジネス、社会、文化、時事問題、建築、デザインなどを幅広く日本のメディアに寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手