• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

陰りが見えてきたティーパーティー

「保守強硬派」は一時的な運動で終わるのか

2013年11月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米社会で保守強硬派として知られる「ティーパーティー(茶会党)」の活動に陰りが見えてきている。高揚した運動が展開されていたかに見えた茶会党だが、波が引くように静かになっている。

 2009年にオバマ政権の「大きな政府」に反旗を翻すかたちで登場した茶会党。1773年に起きたボストン茶会事件で新大陸に渡った人たちがイギリスの茶法(課税)に反対したように、オバマ政権に「もう税金はたくさんだ」と抗議する意味で立ち上げられた保守派の政治運動だ。

 彼らは同政権が多額の税金で大型景気対策を実行し、金融機関を救済したことに異を唱えた。社会政策では反同性愛、反人工中絶、反不法移民を基本スタンスとし、米国内では保守派の中でもかなり右に寄った一派で、近年の日本の右傾化とは性質が異なる。その茶会党に今何が起きているのか。

 11月5日に全米各地で行われた選挙で、茶会党は劣勢に立たされた。バージニア州とニュージャージー州の知事選、そしてニューヨーク市長選などの選挙では、いずれも茶会党が推す候補は落選した。

人気低下を利用した民主党候補

 伝統的に保守の地域に入るバージニア州では、テリー・マコーリフ元民主党全国委員長(56)が新知事の職を射止めた。共和党からは同州の司法長官であるケン・クッチネリ氏(45)が出馬し、茶会党が同氏を全面的に支持したが期待したほどの支持は集まらなかった。

 マコーリフ新知事は選挙戦で、茶会党の人気が低下しているのを逆利用し、相手候補が茶会党であるとのレッテルを貼った。10月に連邦政府の機能停止に陥ったのは、茶会党の「カミカゼ議員」のハイジャックによるものだと有権者に訴えた。

 民主党全国委員会の広報官モー・イレイシー氏が説明する。

 「クッチネリ候補はこの選挙で有権者に、『政府機関停止と極右思想を本当に支持するんですか』と問いかけたようなものでした。それが判断基準になったのです」

 一方、ニュージャージー州の知事選では共和党現職のクリス・クリスティ氏(51)が再選を果たした。しかし、彼は共和党員ではあるものの、茶会党とは一線を画した。穏健派の知事として、必要な時はオバマ大統領と手を取り合ってきた。彼の主張は「反オバマではなく、現実的な保守政治こそが重要」という内容である。盾を突いてばかりでは社会の前進はないとの考え方だ。

 またニューヨーク市長選では、24年ぶりに民主党の市長が誕生した。ビル・デブラシオ氏(52)は得票率73%で圧勝。富裕層への増税を公約に掲げたリベラル候補だ。妻は以前同性愛者だった黒人女性で、その人を口説いて結婚した人物としても知られる。

コメント1

「アメリカのイマを読む」のバックナンバー

一覧

「陰りが見えてきたティーパーティー」の著者

堀田 佳男

堀田 佳男(ほった・よしお)

ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業後、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社勤務後、90年にジャーナリストとして独立。政治、経済、社会問題で取材活動をつづけ、滞米25年後に帰国。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長