• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「PS4」本日発売!ただし日本は来年

世界の潮流とは全く異質になってしまった日本市場

2013年11月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月中旬がやってきました。年末商戦のスタートです!

 ――と書いても、まるでピンと来ない方も多いかもしれません。でも、そう感じているのは日本のゲームユーザーだけです。日本以外の地域では、今年の年末商戦は「新しいゲーム機が出るぞ!」という機運で、ひさびさに盛り上がっているからです。

 そうです。世界規模で見ると、今年はプレイステーション4が発売される年なのですね。各地域の発売日は、以下のようになっています。

  • 北米:11月15日
  • ヨーロッパ:11月29日
  • 韓国・台湾:12月17日
  • 日本:2014年2月22日

 まずは世界最大市場の北米、そして二番手の市場であるヨーロッパで相次いで発売。ここまではご存知の方も多いでしょうが、じつは台湾や韓国でも、日本に先駆けて年内に発売されます。世界の主要ゲーム市場の中で、日本が、もっとも後回しにされているのです。

 プレイステーション1~3までは、すべてが日本で先行発売されてきたのですが、今回、ついに、その順序は完全に逆転しました。

北米では、もう発売間近となった「プレイステーション4」。日本での発売日は2014年2月22日。価格は43980円(税抜)

据え置きゲーム機が世界市場の中心にいる

 なぜ、こうして日本が後回しにされたのかというと、いまの日本は、携帯ゲーム機が圧倒的に強いという、きわめて独特の市場になっているから。

 全世界のソフト売り上げを見てみると、いまなお据え置きゲーム機が強いのです。そちらにヒットゲームの大半が存在します。

 詳しくない方のために、ひとことで説明しましょう。「Call of Duty」シリーズの圧勝! と覚えておいてください。

コメント8

「ゲームナビゲート」のバックナンバー

一覧

「「PS4」本日発売!ただし日本は来年」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官