• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

衣料品にもある「偽装表示」

間違った付加価値追求の罪

2013年11月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 近頃、食品の産地偽装が世間を賑わせている。

 イオンの偽装米問題から始まって、最近ではホテルや百貨店での偽装や誤表示が相次いで発覚している。取引先から仕入れていた米は「日本産」と書かれていたが、実は「中国産」だったというイオンの事案が個人的には一番悪質だと思うが、直近の報道はホテル・百貨店に集中している。

 共通して多いのが、「車エビ」と書いていたが、実は「ブラックタイガー」だったというもので、これだけ多いということは車エビがよほど高額なのか、入手しにくいかのどちらかだろうと推測している。百貨店の偽装の中には「鹿児島県産」と表示された豚肉が実は「岩手県産」だったというものもあり、これなどは比較的軽いのではないかと感じてしまうが、食に対するこだわりは人によって異なるので、そうではないという人がいてもおかしくはない。

 偽装や誤表示の要因は様々あるのだろうが、食品に詳しくない筆者には明確な理由は分からない。しかし、先日、読んだブログに以下のような内容が書いてあり、少し気になった。「阪急阪神ホテルはもともと超一流の高級店ではなかった。手頃な値段で庶民が楽しめる店だったが、いつの間にか高級路線を志向するようになったために事件が起きたのではないか」。阪急阪神ホテルに限らず、料理を高級化するためには食材を高級にするのが最も手っ取り早い手法の1つであるのだろう。

 実は、筆者はこの騒ぎが繊維・衣料品の業界にも及ぶのではないかと内心危機感を抱いている。10数年にわたって関わってきた業界だが、今回のホテルや百貨店に類した例はこれまでいくつも耳にしてきたからだ。

デニムの一貫生産ができる企業は少ない

 ジーンズというアイテムを例に出して見てみよう。ジーンズはデニムと呼ばれる生地を使用したカジュアルパンツである。ジーンズの良し悪しの何割かはこのデニム生地の出来が占めていると言っても過言ではない。デニム生地では、国産デニムの付加価値が最も高いと言われており、事実そのような報道がなされている。

 デニム生地の製造工程は大きく4つの工程に分かれている。紡績、ロープ染色、織布、整理加工である。国内で綿花はほとんど栽培されていないから、アメリカ、中国、ブラジル、インドあたりから綿花を輸入している。その輸入された綿花を綿糸に紡ぐ。これが紡績と呼ばれる工程である。

 この綿糸を今度はインディゴ染料で染めるのだが、これが特殊な染色機を使うロープ染色と呼ばれる工程である。ちなみに通常のデニム生地は経糸にロープ染色された濃紺の糸を使い、緯糸に白いままの綿糸を使う。これを経糸3本に緯糸1本の割合で織り上げるとデニム生地特有の「綾目」が生まれる。

コメント5件コメント/レビュー

昔、ブラックタイガーのことを車えびと呼んでいる店で食事をしたことがありました。最近は知りませんが結構名称の区別はいい加減だったのではないでしょうか。えびの件では「芝えび」という呼び名は中華料理では、えびの種類ではなく大きさ(小エビのこと)を表しているらしいです。しかし、その件はマスコミは詳しく報道していません。突っ込みどころがへるからでしょうか。でもそのあたり正確に報道してほしいものです。▽私は衣料品は門外漢なのですが、記事を読んでジーンズのことをデニムと呼んでいる人達が一定量いるように感じました。正確には「デニムパンツ」なんでしょうが、省略するのは業界ではよくあることだとおもいます。食品の誤表示問題にも似たようものが混じっていると思っています。(2013/11/13)

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「衣料品にもある「偽装表示」」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昔、ブラックタイガーのことを車えびと呼んでいる店で食事をしたことがありました。最近は知りませんが結構名称の区別はいい加減だったのではないでしょうか。えびの件では「芝えび」という呼び名は中華料理では、えびの種類ではなく大きさ(小エビのこと)を表しているらしいです。しかし、その件はマスコミは詳しく報道していません。突っ込みどころがへるからでしょうか。でもそのあたり正確に報道してほしいものです。▽私は衣料品は門外漢なのですが、記事を読んでジーンズのことをデニムと呼んでいる人達が一定量いるように感じました。正確には「デニムパンツ」なんでしょうが、省略するのは業界ではよくあることだとおもいます。食品の誤表示問題にも似たようものが混じっていると思っています。(2013/11/13)

仕入先のブランドを利用して客を呼ぼうというのは二流である証拠。偽物を使って利ざやを稼ごうというならもはや三流ってこと。デニムの元ブランドを聞いてありがたがってしまうのも、見る目がない証拠。作り手と客のせめぎ合いがなければ本物は育たないし、簡単にだまされるだけ。そして、だまされたら人のせいにして謝らせて、憂さを晴らすですかね。。。(2013/11/13)

「ジーンズの良し悪しの何割かはこのデニム生地の出来が占めていると言っても過言ではない。」とありますが文章としておかしくありませんか? ジーンズがデニムで出来てる以上、何割かの出来を占めるのは当然でしょう? 問題はそれが1割なのか9割なのかによってその後の文章が生きるか死ぬかが変わってくるんです。そもそも論からいってジーンズの話が良く出ますが、世の中が何の話を聞きたいのか考えるべき。衣料業界の何を知りたいのか? 何が違う業界にも共通することなのか? それがなくただ現状を筆者の感想でまとめるだけなら読む人もいなくなるでしょう。(2013/11/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表