「スマホ第二幕」

私はグーグルグラスを使わない

MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏に聞く

>>バックナンバー

2013年11月18日(月)

1/2ページ

印刷ページ

伊藤 穣一 米マサチューセッツ工科大学(MIT)・メディアラボ所長

 ウエアラブル端末が徐々に世に出始めてきている。この動きをどう見ているか。

伊藤:韓国サムスンの腕時計型コンピューターや米グーグルの眼鏡型コンピューターといった、今出てきているウェアラブルコンピューターは1980年代、MITメディアラボで研究していた人たちが花を開かせたものだ。

 スマートフォンが大型化するにつれ、人々は小さなものを求める傾向が強まっている。幾度となくウェアラブルコンピューターのムーブメントは起きては消えてきたが、ディスプレイ技術や通信技術の発展によって、かなり現実味を帯びてきたといっていいだろう。今回のムーブメントは米アップルの「アップル・ニュートン」(注:1993年に発売された世界初の個人用携帯情報端末)とiPadくらいの違いがある。今回のウェアラブルコンピューターの潮流は定着すると見ている。

ウエアラブル端末の現状での問題点をどう見ているか。

伊藤:例えば、眼鏡型コンピューターの「Google Glass(グーグルグラス)」であれば、さっそく、顔認識をしてはならないといったプライバシーに絡む問題が浮上しているように、既にいくつかの問題が顕在化してきている。

 今後、グーグルグラスがどのように成長を遂げていくのかは分からない。だが、一つ言えるのは、おそらく私はグーグルグラスをしないということだ。もちろん研究のために使っている学生はMITラボにも多い。だが、あれを私が着けて外に出ることはないだろう。

SF映画で格好良くても、焼き鳥屋に着けていけるか?

 理由は見た目が変だからだ。結局、一般的に普及するためにはコストが安くなければならない。普及しなければ、どうしても社会的に目立ってしまう。私はファッションの動向は読めないが、少なくとも今のグーグルグラスがファッショナブルとは言えない。

 SF映画で見れば、格好良いかもしれない。ただ、それをつけて焼き鳥屋にはいけないだろう?恥ずかしく感じるはずだ。もちろん、一部の層には支持されるだろう。だが、あれが一般化するとは言いがたい。コンピューターという過去の遺産を引きずっているようにも見える。

ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。



関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

注目コラム〜IT・革新のお薦め

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事